リコピンは美肌にも健康にも良い?加熱すると栄養が更に増える?

 

tomatoes-320860_1280

リコピンと言えば、トマト、トマトと言えばリコピンというほどトマトはリコピンを代表する野菜の一つとなっています。 

 

リコピンはカロテノイドという成分の一種で、赤やオレンジなどの色素を持つものです。

 

主にトマトやスイカに多く含まれていて、皮や実が赤いのはリコピンが影響しているからです。

 

そんなリコピンには、美容にも健康にも良い作用があると言われていて上手く取り入れることで肌にも体にも良いそうです。

 

そこで、今回はリコピンの効果や加熱して栄養を増やす方法、取ると良い時間帯などについてご紹介します。

スポンサーリンク

リコピンの効果は色々ある?

 

tomato-769999_1280

 

リコピンの働きについてですが、まず強い抗酸化作用があると言われます。

 

この作用が美容にも健康にも良い影響を与えてくれるそうで、それは女性だけでなく男性にも良いそう。

 

血流が悪くなると免疫力が落ちて様々な病気にかかりやすくなりますが、その原因には悪いコレステロールが溜まったり老化を促進する活性酸素が邪魔をしていることが多いのだそう。

 

リコピンはコレステロールの酸化を抑えて活性酸素を除去してくれるので老化を防ぐことが出来ると言われています。

 

人は生まれてからどんどん年齢を重ねていく一方なので、老化防止は永遠のテーマなのかもしれませんね。

 

現代人に多い高血圧や糖尿病、動脈硬化などの生活習慣病や肥満の予防改善、肝臓の働きの改善に期待が出来るそうです。

 

現代人は食生活の乱れや運動不足から知らず知らずのうちに体調を崩し、病気になってしまうことも少なくないのだとか。

 

また、活性酸素が原因で起きる目の病気の予防改善にもつながると言われています。

 

美容に関しては、肌は28日周期で生まれ変わる「ターンオーバー」を繰り返して健康で綺麗な肌を保つことが出来ますが、リコピンは活性酸素を抑えてターンオーバーがしやすい環境を整えてくれるので美肌になりやすいと言われています。

 

このターンオーバーが上手く出来ないと新しい肌に生まれ変わることが出来ないので、肌荒れの原因になってしまいます。

 

これは、頭皮にも言えることで頭皮のターンオーバーが上手く行われると髪の毛が抜けたり薄くなることも防ぐことにつながるようです。

 

紫外線を浴びると活性酸素が増えてくすみやシミの元となるメラニン色素を生み出してしまいますが、肌の透明感を保つ美白効果もあると言われています。

 

老化の原因になる活性酸素は色んなところに影響が出るんですね。

 

そんな活性酸素を排除すれば若返りの元になるので、リコピンが注目されている理由に納得できますね。

 

リコピンは、実は食べ方を少し工夫することで栄養を増やすことが出来ると言われています。

 

よりヘルシーに栄養を取るには、食べ方にも気を付けると良いかもしれません。

 

次のページでは、加熱して栄養を増やす方法についてご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3



スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加



スポンサーリンク

コメントを残す