エアコン要らずで暑い夏を乗り越える為にやっていること

まだ7月上旬という段階で寒冷地でも既に暑い夏が始まっているようですね。

 

これから7月下旬、8月と本格的に暑くなっていくと思いますが暑さに備えて対策をしていきたいものです。

 

私が住む地域もかなり寒冷なところなので、夏が短く冬が長いのですがそれでも夏は高温になる日もあります。

 

私は夏がすごく苦手で、暑くなると早く寒くなんないかな~と思っているのですが毎年ほとんどエアコンを使わずになんとか乗り越えているので、今回はエアコンを使わずに夏を過ごす方法についてご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

暑い夏を乗り越えるためにやっていること

 

  1. 窓を開けて風通しを良くする
  2. 陽が沢山入ってくるところはカーテンを閉める(主に西日)
  3. サーキュレーターを使って空気の循環を良くする
  4. タオルを凍らせて首に巻く、もしくは保冷剤を当てる
  5. 冷たいタオルで体を拭く(主に首筋)

 

窓を開けても風が全然入って来なかったり風が生暖か過ぎて暑い!と感じることもあると思いますが、空気の入れ替えは風邪の予防にも必要です。

 

日中は無理でも夜だけでも窓を開けると良いと思います。

 

家の環境にもよると思いますが、西日が入りやすい場所はカーテンを閉めておいた方が部屋の温度は上がりにくいです。

 

カーテンを開けてるのと閉めてるのでは数度違ってくることもありますからね。

 

サーキュレーターは小型で静か、風を送るのでそのまま使っても涼しいですが空気の循環を良くしてくれるので部屋の温度が均一になりやすいです。

 

以前は扇風機を使っていたのですが、今はもうサーキュレーターしか使ってないですね。

 

首筋を冷やす方法は、気温が高くとにかく暑い日におすすめ。

 

首だけじゃなく、太ももの付け根あたりなど太い血管が集中しているところを重点的に冷やすのがベスト。

 

保冷剤をそのまま当てると冷えすぎることがあるので、かならずタオルに包んで当てたり水でぬらしたタオルを冷凍庫で凍らせたものを首に巻くなどしても良いでしょう。

 

汗が出る時は、冷たくしたタオルで体を拭く、首筋を拭くだけでもかなりサッパリ・冷えます。

 

どれも簡単なことばかりなんですが、これらを実践するだけでもオフィスでは難しいですが自宅でなら暑い夏もかなり楽に過ごすことが出来ます。

 

次のページでは、エアコンを使わないことのメリットについてご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3



スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加PocketClip to Evernote




スポンサーリンク

コメントを残す