かつお菜の栄養は加熱に強い!ベストな食べ方と冷凍保存の方法とは?

 cooking-1013455_1920

 

かつお菜とは、アブラナ科の高菜に似た野菜のことです。

 

九州は福岡で古くから親しまれている野菜の一つで、主に漬物やお吸い物、味噌汁、正月のお雑煮などの具材の一つとして使われています。

 

かつお出汁の風味になんとなく似ていることからかつお菜と呼ばれるようになったと言われますが、実際はかつおで出汁を取らなくても風味が良いということからネーミングの由来は来ているそうです。

 

また、お正月のお雑煮も具材に使われるのは「勝男菜」と漢字で書くことから縁起が良いとのことで親しまれるようになっていったのだとか。

 

今回は、そんなかつお菜の栄養や食べ方、冷凍して保存する方法などについてご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

かつお菜の栄養とは?

 

snow-man-1227476_1920

 

かつお菜はビタミンAやC、D、カルシウムやカリウムなどのミネラル、疲労回復に良いとされるアスパラギン酸、旨味成分のグルタミン酸が含まれています。

 

旨味成分がしっかりと凝縮されて含まれているので、風味が良く出汁要らずと言われるんですね。

 

緑黄色野菜の中の王様と言われるほど、栄養があり骨粗鬆症やガンの予防、老化の防止にもなると言われています。

 

冬も本格的になる12月から1月にかけての期間が旬の時期となる、冬野菜の一つとなっています。

 

高菜に似ているかつお菜ですが、高菜よりも苦みが少なく食べやすい特徴があります。

 

葉物でも、葉の表面が柔らかく細かく縮れた野菜なのでその食感を活かせるように調理するのがポイントなんだそう。

 

次のページでは、かつお菜のベストな食べ方についてご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3



スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加PocketClip to Evernote




スポンサーリンク

コメントを残す