出雲大社は縁結びの味方!参拝は神様が集まる月を狙うのがベスト?

bamboo-167282_1280

日本全国、色々なところに縁結びのスポットはありますがその中でも特に名の知れた人気の高い出雲大社。

 

それもそのはず、出雲大社には昔から全国の神様が終結すると言われる歴史ある神社だからです。

 

恋愛が上手くいくように、素敵な人と結婚できるように全国各地から島根県出雲市に行くのも頷けます。

 

せっかく出雲大社に足を運ぶからには、縁結びに良いと言われる神様を知り神様が集まる月日を狙って行きたいものです。

 

そこで、今回はそんな出雲大社の縁結びの神様が集まる月日、少し変わった参拝方法や服装、人気のお守りなどについてご紹介します。

スポンサーリンク

出雲大社の縁結び効果は神様のおかげ?

 

縁結びにご利益があると言われるスポットは、出雲大社以外にも色々とあります。

 

以下の記事でもご紹介していますが、東京都内で気軽に行けるスポット、観光地としても知られている浅草寺も有名です。

参考:浅草寺のご利益は縁結びが効果大?結婚にも期待?! 

 

そんな中、なぜ出雲大社は縁結びのスポットとして全国的に人気なのかというとそれは日本書紀の神話に由来しています。

 

日本を建国した神様の一人である大国主大神は、長年国を開拓し統治していたのですがある時第一線から退き天皇の祖先に当たる天津神に国を託すことにしました。

 

そして、その代わりに目には見えず耳にも聞こえない世界、霊魂・神々の世界を仕切るようになりました。

 

その頃に神々から人々の縁組みについての相談を受けるようになり、大国主大神は縁結びに欠かせない存在になっていきました。

 

そして、出雲大社自体が縁結びの信仰のスポットとして浸透していったと言われています。

 

10月は神無月といって神様が居ない月になりますが、出雲では逆に神在月と呼ぶ理由はこの時期に全国の八百万いると言われる神様が出雲に集まって縁結びの話し合いをしているからだそうです。

 

全国の神様が出雲の神様に呼ばれるこの月(旧暦の10月)は、縁結びの神様会議が行われると言われ出雲大社では神迎祭や神在祭、縁結び大祭、それから神等去出祭などが開かれます。

 

なので、参拝を考えている場合は旧暦の10月、現在で言う10月後半から12月前半を狙って訪れると良いでしょう。

 

出雲大社は縁結びの効果が絶大ということで、恋愛成就の願いを叶えるべく訪れる人が多いですが縁結びと言っても何も男女の仲だけの縁を結ぶわけではありません。

 

それは同性同士であったり違う世代であったり、すべてのものが幸福でつながる為の縁なのだそう。

 

出雲大社に参拝に行くことで、あらゆる良縁に恵まれそうですね。

 

次のページでは、全国的にも少し変わった参拝方法と服装についてご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3



スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加PocketClip to Evernote




スポンサーリンク


コメントを残す