ひな人形の飾り方は関東と関西で左右違う?飾る時期や方角は?

hina

 「灯りをつけましょぼんぼりに~~お花をあげましょ桃の花~~♪」誰でもが知っているお雛様の歌ですね。

 

毎年3月3日には娘さんが居る家庭では、どこの家庭もお雛様を飾り子供の成長を祝うために雛祭りをするのが一般的ですね。

 

最近では、アパートなんかだとあまり飾れるスペースが少ないのでお内裏様とお雛様だけのひな人形を飾ることも多くなってきていますがスペースが確保できたり一軒家では和室があれば7段のひな人形を飾るというケースが多いです。

 

ですが、7段もあるとひな人形の飾り方で迷ってしまうことがあります。まず、お内裏様が左でお雛様が右なのか?それともその逆なのか??これは地域によっても違ってきます。

 

そこで、今回は関東と関西で違うお雛様の飾り方、飾る時期や方角についてもご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

 ひな人形の左右の飾り方

arare

ひな人形の飾り方は、必ず一定の飾り方に合わせないといけないわけではなくその地域で昔から飾られている飾り方で良いです。

 

一応、既定の飾り方で飾った方が見栄えが良いというのはありますがそっくりそのままでなくても良いわけです。 

 

また、地域によってもそれぞれ飾り方が違うので実家ではこうなのに嫁ぎ先では違うということも少なくないようです。

 

飾り方には主に関東風と京風の2種類があり、現在一般的になっているのが関東風の飾り方になります。

 

関東風の飾り方は、向かって左がお内裏様、右がお雛様になりますが、京風の飾り方はその逆で向かって右がお内裏様、左がお雛様です。

 

日本には、古来から礼儀作法の一つで左上右下というしきたりがあり、左が上位とされてきました。そのしきたりは、実は普段の生活にもありふれていたりします。

 

和服を着る時も右前と言って左襟を上にして着ますし、手を組む時なんかも叉手(さしゅ)と言い右手の上に左手を重ねますよね。

 

なので、本来のひな人形の飾り方は京風が主流でした。

akusyu

日本は明治時代後半から西洋文化の影響を受け今現在では日本伝統の礼儀作法と西洋の礼儀作法が混在しているようです。

 

 きっかけは大正天皇が西洋スタイルを取り入れ、皇后陛下の右に、つまり向かって左側に立ったということから一般の人にもこのスタイルが取り入れられるようになっていったそうです。

 

昔の主流、現在の主流があるだけで必ずこの飾り方でないといけないということはないので、お好みの飾り方で飾ってみましょう。

hina3

◎一段目:内裏雛

◎二段目:三人官女

◎三段目:五人囃子

◎四段目:隋人

◎五段目:仕丁(衛士)

◎六段目:道具

◎七段目:道具

 

お内裏様とお雛様の並べ方は左右どちらでも構わないですが、四段目の左大臣と右大臣は決まった置き方があるようです。

 

左大臣が老人、右大臣が若者なので左大臣を左、つまり向かって右に置くのが基本的な飾り方のようです。

 

また、関東風と京風で人形の持ち物についても多少の違いがあります。

 

基本形の七段では、二段目に当たる三人官女の真ん中の官女は関東風は盃を持ち、京風では島台を持ちます。

 

五段目に当たる仕丁は、関東風では台笠、沓台、立傘を持ちますが、京風では箒、ちり取り、熊手を持たせるのではなく人形の前に置くそうです。

 

次のページでは、ひな人形を飾る時期はいつが良いのかについてご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3



スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加PocketClip to Evernote




スポンサーリンク

コメントを残す