海外で変圧器は必要?使い方は?複数を同時に充電する時は?

above-the-clouds-926345_1920

留学や旅行、出張などで海外に行く時の持ち物として気を付けたいものの一つに変圧器があります。

 

国によって使われている電圧は違いますし、日本では一番低いと言われる100vの電圧が使われています。

 

ほとんどの国は220vから240vの電圧になっているので、日本から電化製品を持っていくには変圧器が必要な場合があります。

 

しかし、最近ではスマホの充電器など世界共通のものもあり電化製品によってはそのまま海外どこに行っても使えるものもあるので変圧器は本当に必要なのか、いらないのか悩むこともあると思います。

 

そこで、今回は海外での変圧器の必要性とその使い方、複数の電気製品を同時に充電する時に必要な3口電源タップについてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

海外で変圧器は必要?

travel-164574_1280

海外に行く時に、持っていくかどうか迷うものの中の一つに変圧器があると思います。

 

電圧が同じであれば変圧器ナシで使えるので全く問題ないのですが、電圧が違えば変圧器が無いと一瞬で壊れてしまいます。

 

私自身、小型のラジオみたいなものを海外に持って行った際にうっかりそのまま変圧器を介さずにプラグを差し込んでしまい、「ぷつん」という音とともに一瞬煙が出たので焦りました。

 

もちろん使えなくなってしまったのですが、火事にならなかったのでまだ良かったですね。

 

持っていく電気製品にもよりますが、最近はほとんど変圧器がいらないものが多いです。

 

パソコンやデジカメ、スマホ、電気シェーバーの充電器は今はほとんど海外対応の自動で変圧出来るタイプが多いです。

 

私はそれも知らずに、パソコンにも変圧器が必要だと思って使っていたことがあったのですが変な音がするな…と思い友人に相談したら、パソコンに変圧器は必要ないし中の部品焼けたんじゃない?と笑われてしまいました。

 

100~240vと充電器や本体に書いていれば、後は現地のコンセントに対応したプラグを用意するだけでそのままコンセントに差し込めます。

 

残念ながら、ヘアドライヤーやヘアアイロンは海外対応の物もありますが国内用の100vのもののほうが多いです。

 

なのでこれらを使う時は変圧器が必要になりますが、留学など長期滞在するのであれば現地で調達したほうが安く済みます。

 

旅行や出張用など短期間で使う場合はヘアアイロンであれば、電池式の携帯タイプも売っているのでそれを使ったほうが良いかもしれません。

 

変圧器の使い方ですが、いたって簡単で使う電気製品のプラグを変圧器のコンセントに差し、変圧器のプラグに変換プラグ(必要であれば)を付けて現地のコンセントに指すだけです。

 

その変圧器にもよると思いますが、電気がちゃんと流れるとランプが点灯するタイプのものがあります。

 

ちゃんと変圧できているのか不安になることもあると思いますが、ランプが点灯していれば問題なく使えている証拠です。

 

変圧器が必要でも必要でなくても、変換プラグはほとんどの場所で必要になるので用意しておきましょう。

 

日本では100円ショップで簡単に手に入りますが、海外ではなかなか手に入らなかったり高かったりするので事前に買っておきたいですね。

 

また、少しかさばりますが色々な国で使えるマルチタイプの変換プラグも便利です。

 

しょっちゅう色々な国に旅行に行くという人は、マルチタイプのものが一つあればかなり使えるはずです。

 

また、複数同時に充電したり電化製品を使いたい時は3口電源タップがあると便利でしょう。

 

次のページでは、タコ足用に使える3口電源タップについてご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2



スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加PocketClip to Evernote




スポンサーリンク

コメントを残す