肌荒れの原因は部位によって違う?内臓の病気との関係は?

girl-1039082_1920

肌荒れっていやなものですよね。

 

前触れもなく急に出来たりするので、人と会う約束がある時、それも大勢の人と会う機会があったりするとなんでこんな時に出来るんだろうと嘆いてしまいます。

 

肌荒れは、大きなストレスや体調の急激な変化があった時に比較的起きやすいです。

 

思春期の時の悩みだったり、大人になってから治りにくさを感じたりと普通肌の人で健康体であっても一度は肌荒れが気になったことがある人は多いと思います。

 

内側からの影響ということもありますが、接触性の肌荒れもありますからね。いつどこでどういう風に肌荒れが起きるかなんてわからないものです。

 

肌荒れが起きる場所は顔の中でも色々ありますし、出来る部位によって原因が違うということもあるんです。

 

部位をしっかりチェックすることで、原因が分かれば未然に防ぐ対策が出来るようになります。

 

また、ただの肌荒れと思っていても実は病気と関係していることもあります。

 

そのため、ただの肌荒れだからとりあえず大丈夫と放置せずにしっかりチェック・対策を取ることが大事です。

 

そこで、今回は肌荒れの部位による原因の違いとその対策、内臓の病気との関係についてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

肌荒れの原因は部位によって違う?

soap-589822_1920

肌荒れが起きやすい部位というのは人によって様々です。

 

おでこに出来やすい人も居れば頬だったりアゴだったりとその人の体質やその時の体調によっても違ってきます。

 

同じ部位に繰り返しできることもあれば、色々な部位に出来ることもあります。

 

吹き出物が出来た部位から大体の原因が推測できるので、それを元に対策をとっていくと良いでしょう。

 

顔であればまず額、こめかみ、頬、アゴの4つに分けられ、顔にあまり吹き出物が出ない人であれば背中に出来ることも多かったりします。

 

○額・・・精神的ストレスが多い時や前髪による刺激

icon-check-square-o

○こめかみ・・・便秘や腸の不調など老廃物が溜まっている証拠

○頬・・・食べ物による胃の疲れ、胃が荒れている可能性がある

○アゴ・・・ホルモンバランスの崩れ、運動や睡眠不足

○背中・・・洗い過ぎによる乾燥やシャンプー、ボディソープの洗い残し

 

どの人にも必ず当てはまるわけではないですが、私自身これけっこう当てはまります。

 

額とこめかみに出来やすいのですが、忙しい日が続いていると気付けば額に吹き出物が出ることがあったりそういえばお腹の調子があんまり良くないかもと思っているとこめかみに出ていたりします。

 

そういう時は早めに自分の体のサインに気付くようにして、いつもよりもゆっくり入浴して睡眠時間を長めにとったりしながら疲れを取るようにして整腸作用のある食べ物を食べたり時間を作って簡単にストレッチするようにしています。

 

毎回同じ部位に肌荒れが起きる場合は、一度しっかり原因を自分で確認して変えていく必要があります。

 

色々な部位に出来る場合は、生活習慣全体を見直して改善していくことが大事ですね。

 

次のページでは、自分で出来る対策についてご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3



スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加



スポンサーリンク

コメントを残す