ゴマペーストの効能とは?小鉢で擦るだけの簡単な作り方・使い方

biscuit-93171_1920

健康に良いと言われゴマ塩やすりごま、ごま油など調味料にも料理のトッピングにもお菓子にも様々使われているごま。

 

香ばしくて食べやすく、どんな料理にもお菓子にも合うようなイメージがあります。

 

そんなゴマでも、ペースト状にしたゴマペースト(練りごま)は食べやすいうえにそのまま普通のごまを食べるよりも美容にも健康にも良いと注目されています。

 

そこで、今回はそんなゴマペーストの効能や作り方、使い方などについてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ゴマペーストの効能

 

ごまは全体の成分の半分を脂肪分が占めていますが、良質な脂肪分である不飽和脂肪酸となっています。

 

不飽和脂肪酸は飽和脂肪酸と違って、血中のコレステロール値や中性脂肪をコントロールしてくれる働きがあります。

 

良質なタンパク質も多く含まれ、体の中で合成出来ない9つの必須アミノ酸(イソロイシン、ロイシン、メチオニン、リジン、スレオニン、フェニールアラニン、バリン、トリプトファン、ヒスチジン)などがあります。

 

鉄分やカリウム、マグネシウムなどのミネラルやビタミンB群、ビタミンE、カルシウムも豊富なんですね。

 

健康面では貧血の予防改善、免疫力の向上や便秘の予防改善、骨粗しょう症の予防など、美容面では抜け毛・白髪予防、ハリのある健康的な肌になると言われています。

 

そんなゴマは、よく擦ることで中の脂肪分が出てきて粘りが出るようになってきます。

 

通常のゴマは、殻があるのでペースト状にすることでより消化しやすくなると考えられています。

 

粒のゴマを使うよりも、たっぷりと使えて塗る使いやすさがあるので取り入れやすいのも人気の理由です。

 

次のページでは、簡単に出来るゴマペーストの作り方についてご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3



スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加PocketClip to Evernote




スポンサーリンク

コメントを残す