深川八幡祭りの日程・スケジュールとは?訪れたいスポットと気を付けたい交通規制

 

 

tomi

 

深川八幡祭りとは、東京都は江東区にある富岡八幡宮で毎年行われるお祭りのことで他の呼び方では「深川祭り」、「水掛け祭り」とも呼ばれます。

 

暑さを少しでも和らげるために観衆が水を浴びせる、というところから水掛け祭りとも呼ばれるんですね。

 

8月中旬と言えば東京はおそらく一年のうちでも最も暑い時期になると思いますし、炎天下では体感温度はかなり高く感じられますからね。

 

冷たい水をかけることで、少しでも涼しくお祭りが楽しめたら良いですよね。

 

山王祭りや神田祭りなどと一緒に江戸を代表する三大祭りに数えられ、長い歴史と伝統を守っています。

 

毎年8月15日前後に行われますが、3年に1度は本祭りと呼ばれより凄まじい盛り上がりを見せると言われています。

 

今回は、そんな深川八幡祭りの日程や屋台の時間、交通規制などについてご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

深川八幡祭りの日程とは?

 

miko

 

深川八幡祭りは、本祭であれば大小合わせて120ほどの町神輿、大神輿も54ほどが担がれ観衆から担ぎ手に対して大量の水掛けが行われます。

 

そのため、水掛け祭りとも呼ばれ数日にわたって祭りは盛り上がりを見せますが本祭の前年は「蔭祭り」と呼ばれ2001年ごろから始まった比較的新しいスタイルのお祭りになります。

 

大人が主役となる本祭りと違って2016年は8月12日金曜日から15日月曜日まで行われる蔭祭りと呼ばれる簡単なお祭りで、主役は子供たちでした。

 

同様に水掛なども行われますが、小規模であり午前中には終わるという短時間なお祭りになんですね。

 

しかし、今年2017年はいよいよ三年に一度の本祭りがやってきます。

 

普段は30万人ほどが集まると言われますが、本祭りはその2倍近くの人が集まるとも言われるので見逃さないようにしたいですね。

 

前回の本祭り、2014年の本祭りの日程は以下の通りでした。

 

8/13日(水)催し物
14時~歌謡
15時半~日本舞踊

 

8/14(木)催し物
14時~参拝
15時~舞楽
16時半~
18時半~踊り

 

8/15(金)催し物
11時~例祭祭典
14時半~葵太鼓
17時半~琴演奏
18時~お茶席
20時~舞踊・ガムラン演奏

 

8/16(土)催し物
8時~神幸祭
15時~空手
16時半~ジャス演奏
18時~少林寺拳法
19時半~太鼓と踊り

 

8/17(日)催し物
7時半~15時半まで神輿渡御
12時~三味線・琴演奏
13時半~歌謡
15時~大正琴
17時~太鼓

 

2017年も、このような日程が予想され数日間にわたって、多くの催し物が開かれます。

 

祭りの中でも目玉となる「神幸祭」や「神輿渡御」だけでも見逃さないように楽しみたいですね。

 

次のページでは、祭りのほかにも見逃せないスポットがあるのでご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3



スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加PocketClip to Evernote




スポンサーリンク


コメントを残す