夢の中で自分の名前が呼ばれるのは相手があなたを心配しているから

夢も色々な内容のものがありますが、夢からの覚め方も人によって様々。

 

自然と気持ちよく起きられたらそれが一番良いと思いますが、中には自分の名前が呼ばれてハッと目が覚める人も多いようです。

 

そして夢から現実世界に戻った後も、何で呼ばれたんだろうとか声が耳に残って気になることもあるんですよね。

 

そこで今回は夢の中で自分の名前が呼ばれる、誰かの声が聞こえる原因や夢占いについてご紹介していきます。

スポンサーリンク

夢の中で名前を呼ばれるのは心配されているから

 

誰かに名前を呼ばれて目が覚めることって意外と多くの人が経験しているようです。

 

私も家族限定なのですが、家族の誰かに名前を呼ばれてハッと目が覚めて起きるということがたまにあります。

 

夢は基本的にその夢を見た時、夢の中にいた時にどんな感情を持っていたかによって吉夢なのか凶夢なのかに分かれます。

 

心地よかったという感情、元気が出るような感覚があったのであれば吉夢、逆に怖い思いをしたり不安が強かったのであれば凶夢ということが出来ます。

 

夢の中で名前を呼ばれるのは、その呼んでいる相手があなたを心配している可能性が高いです。

 

名前を夢の中で呼ばれた時に、ポジティブな感情であったのであれば相手もあなたに心配はしていますがポジティブな感情を抱いています。

 

例えばあなたに会いたいという気持ちがあったり、何か力になれることがあればしたい…などと考えているとか。

 

逆にネガティブな感情を抱いた場合は、相手があなたを心配しているけれどこれから何か良くないことが起こるのを危惧しているのかもしれません。

 

何らかのメッセージ警告であることもあるので、名前を呼ばれただけでなく続けて他にも何か言われたら出来るだけその内容は覚えておいた方が良いそうです。

 

夢なので、自分の思った通りに覚えておこうと思っても難しいのですがもし夢から覚めた時にまだ覚えていたら印象に残った言葉だけでも軽くメモするなどして書き留めておくと良いかもしれません。

 

もし、夢で名前を呼んでいた相手が身近な人であってもし連絡が取れる状態であればなるべく連絡を取ってみたほうが良いです。

 

その際は、安否確認だけでなく簡単なもので良いのでお互いの近況報告もする、もしくは夢の内容を話してみると何かわかるきっかけになるものが見つかるかもしれないですよ。

 

また、誰にどうやって名前を呼ばれているのかによっても意味合いはまた違ってきます。

 

次のページでは、呼ばれ方によって違う意味合いについてもご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3



スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加PocketClip to Evernote




スポンサーリンク

コメントを残す