糖質制限ダイエットの方法は?コンビニ食を使った簡単メニューについて

糖質制限ダイエットとは、その名の通り糖質が高いものを優先的に制限してなるべく摂取しないようにすること💡

 

糖質の多いものと脂質の多いもののどちらが太りやすいかというと、一見脂質の多いもののほうが太りやすく感じますが、実は糖質が多いもののほうが太りやすいと言われています。

 

脂質は1g当たり9kcalと言われていますが、糖質やタンパク質は1g当たり4kcalほど。

カロリーだけで見ると、脂質のほうが2倍以上も高カロリーにはなりますが…血糖値が上がりにくく腹持ちがよくエネルギーも持続しやすいんです‼

 

一方の糖質は、血糖値が上がりやすく空腹になりやすいからだと言われます。

そこで糖質を出来る限りカットすることで、体重を減らすことが出来るのでとにかく減量したいという人に向いているのが糖質制限ダイエットなんです✨

 

今回は、

・糖質制限ダイエットのやり方、コンビニ食を使った簡単メニュー

・主な効果

などについてご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

糖質制限ダイエットのやり方

salt-1480744_1920

糖質制限ダイエットのやり方としては、糖質が多いものをなるべく食べないようにして野菜の量を多くし高蛋白質のものを摂ること💡

 

どのくらい糖質を制限すれば良いかというと、基本的に自分の体重×1gが良いと言われているので体重が52kgの人は一日の糖質量は52gまでにすると良いです。

 

糖質制限ダイエットは、即効性がある点が魅力で大体一週間を過ぎるころから徐々に体重が減り始めると言われています。

 

◎糖質が少ない食べ物

・レタスやキャベツ、ホウレンソウなどの葉物の野菜

・鶏ささみや豚ひれ肉、牛モモ肉などの肉類

・イワシやサンマ、カツオなどの青魚やホタテなどの貝類

・納豆や大豆などの豆類など

 

糖質が多いご飯、パン類は出来るだけ控えたほうが良く最低限夜は抜いたほうが良いですね。

 

それでも、糖質が抜けることによって便秘になったり頭がぼーっとして働かない、体力が続かないといったことが起こることがあるので自分の体調に合わせながら調節する必要があります。

 

毎食炭水化物を抜くと体に良くないと思うので、食べる量を減らしたり回数を減らすようにして全く食べないという状況は避けたほうが良いでしょう。

 

次のページでは、コンビニ食を使った簡単メニューについてご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3

スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加PocketClip to Evernote


スポンサーリンク

コメントを残す