クリーニング後の正しい保管方法。ビニールはすぐ外したほうが良い理由

季節の変わり目が近づくと、衣替えをしようとワンシーズン十分着た服はクリーニングに出して保管しようと考える人も多いと思います。

 

汚れをしっかり落として清潔に保てれば衣類も傷みにくいですし、また次着る時には気持ちよく着られますからね。

 

クリーニングは、衣類をまとめてクリーニング屋さんに預け終わったら引き取り、後は自宅で保管するだけですがクリーニング後の正しい保管方法は実はあまり知られていないようです。

 

私自身正しい保管方法をずっと知らなかったので、今回ご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

クリーニング後は保管する前にビニールはすぐに外す

 

クリーニング屋さんに衣類を持っていき、引き取る時には布団やタオルケットなら大きな圧縮袋のような透明な袋に入ってあることがありますし、衣類なら薄いビニールで覆ってあるはずです。

 

クリーニング後なので、このまま持ち帰り自宅でもそのままクローゼットにかけっぱなしにしている人も多いかと思います。

 

私もつい先日まではずっとそうしていました。

 

ビニールをかけていればホコリもかぶりにくいしシワにもなりにくいんじゃないかなと思っていたからです。

 

なんとなく汚れにくそうという理由から、結婚式に着ていくような服や毛羽立ちやすいコートなどは特にビニールをかけていました。

 

でも、先日クリーニング屋さんに布団やらタオルケットやら冬物をまとめて持って行った時にクリーニング後はビニールは外してくださいと言われました。

 

その理由としては、湿気がこもりやすくカビが生えやすいからだそう。

 

衣類にカビが生えるなんてあまり想像できないですが、保管の仕方によってはカビが生えてしまうこともあるんだそうです。

 

確かに湿気のことを考えるとビニールをかけたほうが生地がダメになってしまうのかな、と考えたら今まで何で気づかなかったんだろうと思ってしまいました(^^;)

 

今までは自宅に集荷に来てもらい終わったら届けてもらうクリーニング屋さんを利用していたので、あまりスタッフさんと対面で話をすることがなかったんですよね。

 

今回色々クリーニング後の保管方法を教えていただけたので良かったです。

 

日本は湿気が多いところですし、夏は特に除湿器を使わないといけないくらいに湿気が溜まってしまう地域もあると思います。

 

でも、その他にも湿気が溜まりやすい理由はありますし湿気以外にもクリーニング後にビニールを外したほうが良い理由があります。

 

次のページでは、乾燥不足と変色の問題についてもご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3



スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加PocketClip to Evernote




スポンサーリンク

コメントを残す