くしゃみで腰痛が起こる原因とは?治し方は?

typing-690856_1280

ハックション!と勢いよくくしゃみをすると体全身に衝撃が走って、その瞬間に勢いあまって腰がグキっとなって痛くなることがあります。

 

座っている時や横になっている時なんかはそこまで激痛が走ることはないと思いますが、立っている時やかがんでいる時に思わず激しいくしゃみをするとかなり激痛が走ることがあります。

 

生理現象の一つと言えるくしゃみをするだけなのに、腰が痛くなってしまうなんて防ぐ方法があったら良いですよね。

 

ただのくしゃみでも腰に大きな負担がかかってしまうことで腰痛は起きるので、もともと慢性的な腰痛持ちの人は気を付けないと激痛が走って一瞬動けなくなることがあります。

 

特にこれと言って腰痛があるわけではない人でも響くぐらいなので、くしゃみの破壊力は侮れませんね。

 

そこで今回はくしゃみで腰痛が起きてしまう原因とその治し方、予防法についてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

くしゃみで腰痛が起きる原因とは?

 

woman-698980_1920

首や腰など、体を支えるつなぎとなっている部分は衝撃を感じやすい分痛みも感じやすく放っておくと慢性的な痛みに変わるので気をつけたいものです。

 

腰痛に関しては、一瞬動けなくなったり歩くのも厳しいくらい悪化すると日常生活も困難になるのでなんとか避けたい症状です。

 

くしゃみは、寒い時や強い臭いを嗅いだ時など刺激を受けると出るものですがそれで腰痛が起きるのは一瞬の出来事でも腰に大きな負担がかかるからです。

 

くしゃみだけでなく咳をする時もそうですが、空気を口から勢いよく出そうとするとお腹に力が入るのでその腹圧によって腰の関節や椎間板に衝撃が加わることが原因です。

 

腹圧が強すぎると抵抗を少なくしようと身体が思わず前かがみになってしまいますが、急な前かがみの体勢を取ることで椎間板に負担がかかることも原因です。

 

くしゃみをして腰痛が痛くなるのは、腰周辺の筋肉が硬くなっていて柔軟に動かないことにあります。

 

筋肉が硬くなると神経をぎゅっと押して圧迫してしまうので、鈍痛やしびれなどが起きるようになるのです。

 

腰周辺の骨や筋肉に異常が起きて腰痛になることもありますが、何も異常がない場合で腰痛がする場合のほとんどは運動不足による筋肉の硬さが原因であると言われています。

 

ヘルニアの場合もヘルニアだから痛みが出るのではなく、硬くなった筋肉が骨を引っ張ることで変形したり痛みが出るので運動をして筋肉をつけると痛みが緩和されることが多いです。

 

腰痛と言えば、誰もが一度は経験すると言われるぎっくり腰があります。

 

ぎっくり腰の原因も、運動不足や睡眠不足、ストレス、不規則な食生活などであると言われています。

 

そして、その多くが筋肉が凝り固まって血流が悪くなっていることでそこに衝撃が加わることで筋肉を痛め炎症を起こしてしまいます。

 

その証拠に、ぎっくり腰が起きるのは冬の寒い時期に多いと言われています。寒い時期は筋肉が収縮して血流が悪くなりますからね。

 

ちなみにぎっくり腰になる人、くしゃみなどで急に腰が痛くなる人は高い確率で胃腸や肝臓が疲れていることが多いそうです。

 

次のページでは、腰痛を治す入浴方法や湿布の使い方、コルセットの選び方などについてご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3 PAGE 4



スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加PocketClip to Evernote




スポンサーリンク


コメントを残す