自分へのご褒美の金額はいくら?浪費にしないお金の3つの種類と使い方

休日にしっかりと休養を取っても、長期休暇を取ってもまた仕事に戻っていつもの生活が始まるとやっぱり疲れやストレスはまた溜まっていくもの…

 

そんな時、いつも頑張っているからとたまに自分へのご褒美を用意すると言う人も多いのではないでしょうか❓

 

定期的にご褒美を用意して少ない金額で機会を増やす人、ご褒美の機会は少ないけれど使う時はパーっとお金を使う人など様々だと思います(´ω`)

 

でも、もしご褒美がありすぎればそれはただの浪費になってしまい家計を圧迫しかねないので…

後悔しない程度に、適度にご褒美の機会を設けるようにしたいですね

 

そこで、今回は

・自分へのご褒美の金額の目安

・満足感が得られやすいジャンル

・浪費にならないお金の種類3つと使い方

などについてご紹介します。

スポンサーリンク

自分の為のご褒美の金額

 

定期的なご褒美の機会は、例えば

・月に1度の給料日の機会だったり

・何か目標を達成した時だったり

・ボーナスや臨時収入が入った時

など…色々あると思います💡

 

ご褒美の機会がどれくらいあるかは人によっても違いますが、使う金額もまた違ってきます。

また、年代によっても家族構成などによってもその機会や金額は違ってくるもの。

 

・20代では約10万円ほど

・30代から40代では5万円以下

・50代以降では7万円強

がご褒美にかける金額の平均と言われています。

 

家計を圧迫せずにご褒美を用意するには、収入と支出の割合で自分が自由に使えるお金がどれくらいが目安なのかを把握しておくことも大切‼

 

一般的には、収入の20%が家賃になるように理想としている人が多いようですが実際は30%が家賃となることが多いようです。

 

収入の30%が家賃だと家計を圧迫すると言われているので、20%といかなくても25%を目安にすると良いのだそう✨

 

貯蓄も、出来れば家賃と同じくらいに出来たら良いですが家族が多ければ多いほど貯蓄はしにくくなるので10%から20%を目安に貯蓄できると◎

 

ルールを決めよう!

 

そして、毎月のお小遣いですが収入の1割が妥当と考える人が多いので定期的なお小遣いを設けない人は例えば

・年に一度年収の1割

・1カ月の収入分を使う

など工夫するとよいと言われています。

 

毎月使うなら収入の1割、一気に使いたいなら半年に一度月収の半分、1年に一度1カ月分の収入を使うなどルールを決めましょう。

 

これを目安にご褒美の金額を考えると、家計を圧迫することなく適度に貯蓄が出来て無駄な浪費を減らすことが出来るようになるでしょう💡

 

自分の収入よりももっと高い金額の高価なものが欲しい時は、無理して出費するのではなくその分収入を増やした方が良いです。

 

収入を増やせないのであれば、それは買わない方が良いと思います。それを購入することで収入を増やせるのなら別ですが。

 

人がご褒美が欲しいと思うのは「ストレス発散」だったり「満足したい」という気持ちからくるものだったりします。

 

人が最も、ストレス発散出来て且つ満足できるものは具体的にはどんなものがあるんでしょうか❓

 

次のページでは、ご褒美として選ばれやすいジャンルについてご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3

スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加Pocket



コメントを残す