アントシアニンが目に良い理由とは?多く含む食品はどれ?

 

black-elderberry-9916_1920

 

アントシアニンとは、ポリフェノールの一種で青と赤紫の間ぐらいの色をした天然の色素のことです。

 

人間同様に、植物も紫外線の影響を受けるために色素は果実が被害を受けないように守る役割をしています。

 

そんなアントシアニンは目に良いと言われていますが、その理由は何なんでしょうか。

 

今回はアントシアニンが目に良い理由と効果が持続する時間、アントシアニンが多い食品などについてご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

アントシアニンが目に良い理由とは?

 

 

eyes-945248_1920

 

アントシアニンはよく、目に良いと言われていますが実際に視力が上がったり目の疲れが一気に取れるというよりは目の老化を防いで機能を維持してくれる働きがあります。

 

眼球自体は、光を感じて脳へ信号として送る役割をしているので物を見るのは正確に言うと目ではなく頭の中で見ているということになります。

 

光を感じて信号を脳に送るには、目の奥にある視細胞である「ロドプシン」が生まれ変わることで成り立っています。

 

そのロドプシンの生まれ変わりを促してくれるのがアントシアニンだと言われているので、物が見える仕組みをサポートしてくれるんですね。

 

目を酷使し過ぎるとロドプシンの働きが鈍くなり、目がかすんだりぼやけるなどして段々と見えにくくなります。

 

その為、疲れ目にアントシアニンを取ることでロドプシンを補うことが出来て視界がクリアになるというわけなんですね。

 

一気に視力が回復したり、目が見えるようになるわけではなく視界をはっきりとさせて見えるように目の働きをサポートすると言った感じです。

 

アントシアニンが体内に入ってから、効果が持続するのには一定の時間があると言われています。

 

次のページでは、効果と持続する時間の目安についてご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3



スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加PocketClip to Evernote




スポンサーリンク

コメントを残す