氷砂糖の使い道・ロックキャンディの作り方!賞味期限はどのくらい?

賞味期限はどのくらい?

sieve-1262922_1280

氷砂糖も含め、砂糖は基本的に安定した品質であり劣化の心配がないので賞味期限がないもの💡

 

外袋などを見ても、製造年月日が書いてあったとしても賞味期限や消費期限が記載されていることはほとんどないですよね。

 

保存状態が悪くなければ、基本的に購入から何年経過していても使えるものとされているからです(‘ω’)

スポンサーリンク

固まっていても、砕けば問題なく使えますし他の食材の臭いが移っていて使えないという場合でなければ基本的に長期保存が可能

 

砂糖は臭いが移りやすく乾燥に弱いので、密閉できる容器に入れて冷暗所で保存するのが一番です。

 

強い臭いがついていたり、変色しているなどでなければ安心して使うことが出来るでしょう。

 

まとめ

 

今回の記事はいかがでしたか?

氷砂糖の主な使い方や自分で出来る作り方、賞味期限などについてご紹介しました。

 

ロックキャンディーは色々な色のものを作れば盛り上がりますし、そのまま食べても良いですがお菓子に入れたりアイスに混ぜたりと様々な食べ方が出来ます。

 

見た目的にも華やかで楽しめるので、誕生日パーティーや結婚式などでもよく使われています(*´ω`*)

 

自然と固まらせるので出来上がるまでの日数は少しかかりますが、結晶が出来上がっていく過程も楽しめるので子供と一緒に作るのも良いですね。

 

砂糖は基本的に賞味期限などがないですが、その分保存環境が重要になるのでしっかり密閉できる容器を用意し煮沸消毒してよく乾かしてから使うようにすると安心ですよ



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3

スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocket