セイタカアワダチソウとブタクサの違いとは?見分け方は葉の形!

両者の見分け方は葉がポイント?

ragweed-219747_1280

セイタカアワダチソウとブタクサは背丈も同じくらいで見た目が似ているので、遠目で見ると見分けはつかないかもしれないですが…近くでよく見ると比較的違いは分かります💡

 

セイタカアワダチソウの方が2mから3m程度と高さがあり、ブタクサの方はというと1m前後の高さとなり大きいものであればセイタカアワダチソウと同じくらいの背丈になるのですが基本的には小さめ。

 

セイタカアワダチソウは葉が細長くすっきりとした形をしていますが、ブタクサは葉がまるでヨモギのように細かく分かれています。

 

全体的に見ると分からなくなってしまうので、見分ける時は葉の形に注目してみるとわかりやすいと思います👇

スポンサーリンク

セイタカアワダチソウ

canadian-goldenrod-59930_1920

ブタクサ

ragweed-219747_1280

この二つを比べてみると、葉の形が違うのがわかるはず💡

セイタカアワダチソウの葉は細長くてスッとしているのに対して、ブタクサはヨモギのようにややギザギザ複数に分かれています。

 

ちなみにヨモギの葉はこんな感じで、ブタクサの葉と似た感じ👇

品種によって多少ばらつきはあると思いますが、セイタカアワダチソウのように細長くてすっきりとした葉の形にはなっていないはず。

ヨモギ

wormwood-1338208_1920

あとは、花を咲かせる時期が少し違うので総合的に色々なポイントをチェックして判断すると見分けが付けられるようになるかと思います(´ω`)

 

  • セイタカアワダチソウの開花時期:9月~11月
  • ブタクサの開花時期:7月~10月

 

最後のページでは、同じキク科のブタクサは花粉症の元になるのにセイタカアワダチソウはならない理由についてご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3

スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocket