スーツケースのサイズの目安は?選び方や測り方は?

スポンサーリンク

日数別の選び方について

airport-1503332_1920

 

スーツケースは主にプラスチックなどの堅い素材で出来た「ハードケース」、布地で出来た柔らかい素材の「ソフトケース」の2種類に分けられ、特性もそれぞれ違っています。

 

・ハードケースは:強度があり丈夫、防水仕様、防犯対策に良い

・ソフトケースは:特に衣類などの荷物を詰めやすい、軽くて運びやすい、安価

 

〇サイズの目安

・Sサイズ(~35L、~55センチ)

一番小さなサイズで、機内にもそのまま持ち込みが出来るかなりコンパクトなサイズのものが多く小回りが利くタイプになります。
大体1泊から3泊程度の比較的短い旅行、ビジネス向きです。

 

・Mサイズ(36~50L、55~65センチ)

一般的に最も多く使われているサイズのようです。大き過ぎず小さ過ぎずで女性が一人でも持ち運びが十分にできるサイズ。
2泊から4泊程度のやや短めの旅行に十分なサイズで、お土産も入れる余裕があります。

 

・Lサイズ(51~80L、65~75センチ)

最大で1週間くらいの少し長めの旅行に適した大きさです。数日の旅行の場合は、2人分の荷物をまとめて入れることが出来ます。
とにかく荷物やお土産がが多くなってしまうという人にも向いています。

 

・LLサイズ(81L~、80センチ~)

1週間以上の長期旅行で2人分、または家族の分の荷物をまとめて入れる場合や留学など荷物がとにかく多い場合に最適なサイズ。
気付かない内に重量オーバーしていることが多い大きさでもあるので、要注意です。

基本的に、国内では治安の観点からあまり鍵をかけない人も多いですが海外では必ず鍵をかける必要があります。

 

アメリカ発着便では、TSAロックというタイプの鍵付きのスーツケースが推奨されています。

 

TSAロックであれば検査員が壊さずに開錠することが可能ですが、それ以外のタイプの鍵はもし何か問題があってスーツケースの中を見る必要があれば、鍵がかかっていると切断か破壊される恐れがあります。

 

アメリカ以外の海外では特に鍵のタイプの制限は無いですが、基本的に扱いが雑でターンテーブルで壊れたスーツケースが開いた状態で回っていることもある為、しっかり施錠出来るものが安心です。

 

ちなみに、人気のスーツケースのブランドは以下の通りになっています。

 

・サムソナイト

知名度が高く、世界的に人気があるスーツケースブランドの一つですね。
サムソナイト SAMSONITEのスーツケースは、衝撃に強くかなり頑丈ですが、びっくりするくらい軽いと人気です。

 

頑丈なもの=重いという従来の掟を完全に打ち破った製品です。
品質が良く、機能性も充実しておりコスパが高いと評判です。

 

・リモワ

リモワは、サムソナイトと比べるとよりスタイリッシュな外観がお洒落でカラーバリエーションが豊富なところが人気のようです。

 

スーツケースと言えば黒かシルバーが多く、カラーものでも大体色合いが似通ってくるのですがリモワは色合いも新鮮で軽量・丈夫で使いこむ程独特の味が出てきます。
万が一壊れても修理すれば半永久的に使えると評判です。

 

・サンコー鞄

サンコー鞄は、日本の老舗かばんメーカーの一つですね。
傷だらけになりやすいスーツケースに、自力で傷を直す自己修復機能が加わりその新しい発想が話題となりました。

 

移動に使うものなので、仕方ないのですがどうしても使いこんでいくと大きな傷が目立ってしまうんですが、サンコー鞄であれば傷が目立ちにくいので白や明るめの色を選びたい方にもおすすめです。

 

まとめ

 

今回の記事はいかがでしたか?

・スーツケースのサイズの測り方

・旅行日数とサイズの選び方

などについてご紹介しました。

 

無駄に超過料金を払わないようにする為にも、既定のサイズと重さになるように荷物を工夫して入れることが大事ですね。

 

超過料金は、重さにもよりますが安くて3千円から高いと2万円位かかることがあるのでそれだけでも大きな出費になってしまいます。

 

それに、空港とホテルの移動だけだとしてもあまりにも重いスーツケースは旅の疲れを倍増させてしまいます。

 

なので、いかに楽に移動して持ち運びが出来るかということも考えながらスーツケースを選び荷物を詰めるようにしたいですね。 

コメント

タイトルとURLをコピーしました