血行障害の症状と改善方法とは?何科を受診すべき?

受診するのは何科?

 

血行障害の症状が酷かったり、長引くようであれば別の病気を招くこともあるので早めに受診するべき。

 

血行障害を診てもらえる科は、一般的に神経内科か循環器内科のどちらかになります。

 

血行障害が起きている原因が血行不良によるものであれば、通常はビタミン剤の処方だけでこれといった治療法は特にありません。

 

地道に日々、食生活を変えたり出来る運動を始めたりと少しずつ今の習慣を改善していくしかないんですね。

 

ビタミン剤だけ服用して今の生活習慣を変えなければ、服用が終わればまた体のしびれやコリなどが出てくる可能性があります。

スポンサーリンク

ビタミン剤はビタミンEやB12が処方されることが多いので、野菜や果物、魚中心の食生活をまずは心がけたいですね👇

 

ビタミンE

すじこやイクラ、たらこなどの魚類、アーモンドなどのナッツ類、大根の葉や西洋カボチャなどの野菜類

 

ビタミンB12

しじみや赤貝、ほっき貝などの貝類、海苔などの海藻類、鶏肉や豚肉のレバーなどの肉類

 

これらの食材を毎日必ず取り入れる必要はないですが、出来るだけ積極的に取り入れると良いでしょう💡

 

後は、医師と相談しながら自分に合ったケア方法で症状を改善できるようにしていきたいですね。

 

血行障害は、病気ではありませんが色々な病気を引き起こす元になることがあるので甘く見ずに出来る対策から少しずつ取り入れていくと良いですね。

 

まとめ

 

今回の記事はいかがでしたか?

血行障害の症状や原因、改善方法、症状が辛い場合に受診するべき科などについてご紹介しました。

 

肩こりや腰痛など慢性的な痛みは持病だからしょうがないと思っていても、悪化するとしびれて症状が重くなることがあります。

 

しびれや酷いコリは、ストレスになるだけでなく日常生活が困難になることもあるので出来れば症状が酷くなる前に病院を受診して相談したほうが良いでしょう💡

 

普段の習慣を改善すれば、少しずつ快方に向かうこともあるので少しでも参考になれば嬉しいです。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3

スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocket