寒暖差アレルギーの症状は肌のかゆみや風邪っぽさが多い!対処法とは?

対処法は寒暖差を減らすこと?

 

人が寒暖差に対応できるのは、7度までが限度と言われています💡

冬の時期は昼間は日差しの影響もあって気温が上がる時もありますが、夜になると一気に冷え込むことも多いので、その差は10度以上になることも少なくないです。

 

その為、寒暖差アレルギーは冬の時期に多くなるのだそう(^^;)

 

対策としては、

・脱ぎ着がしやすい服を持ち歩いて温度調節しやすい環境を作ること

・冷えてしまった体は就寝前にお風呂に浸かって温めてから寝るようにすること

が大切です。

 

外出する時は特に、マスクをつけるだけでも多少の寒暖差は防げるようですね。

また、運動不足が原因で筋力が弱いという人は短時間でも簡単なものでも良いので筋トレをすることも対策になります。

 

筋肉は使わないと萎縮してしまいますし、骨や心臓、肺、血管の機能も弱めてしまうことになります。

スポンサーリンク

そうすると必然的に抵抗力も弱まって、体調を崩しやすくなってしまうからです。

冬の時期は運動をしなければ汗をかくこともあまりないと思いますが、汗をかくことで体の新陳代謝を促すことも出来ます。

 

冬の時期だからこそ運動をして軽く汗をかき、入浴で汗を流して温めてから休むことで寒暖差アレルギーの症状が改善されることもあるんです。

 

また、その他の対処法としては手首から肘の内側に向かって下に指3本を置いた位置にある外関というツボを押すのも良いと言われています👇

このツボを指で温めながら押してあげると、症状が和らぐと言われているので急にくしゃみや咳が止まらないなどの症状があれば試してみてくださいね。

 

薬があればいくらかでもあれば症状も改善しやすいと思いますが、有効な薬はあるのでしょうか❓

 

最後のページでは、症状を改善させる薬についてご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3

スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocket