レトルト食品の賞味期限切れはいつまで?期間に1.5倍したのが期限!

栄養が失われることもない?

 

レトルト食品はどうしても料理する時間がない時の救世主的な感じだったり、非常食など緊急用としてという以外はあまり食べられなかったりします。

 

それはレトルト食品は栄養が偏りがちで、防腐剤などの添加物が沢山入っていると思われているから。

 

レトルト食品は食べる時に加熱して食べますし、ビタミンなど加熱することで壊れてしまう栄養成分もありますからね💔

 

でも、レトルト食品は真空状態で保存されるので実は思っているよりも栄養成分を失うことは少ないそうです。

スポンサーリンク

それは、賞味期限が過ぎてもたいして変わらないと言われています💡

そもそも、加熱殺菌して食べるというのが調理法であるレトルト食品には保存料や防腐剤などの添加物を入れる必要が無いんですよね。

 

確かに新鮮な食材をそのまま食べるのが一番栄養が摂れますが、料理をすれば少なからず栄養分は失われますし、レトルト食品だからと言って栄養が無いわけではないんですね。

 

なので、多少賞味期限が過ぎたとしても安心して栄養も取りつつ美味しく食べられますよ(‘ω’)ノ

 

最後のページでは、健康へのリスクについてもご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3

スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocket