旅館の浴衣の着方とは?いつ着替える?上着はどうする?

 

yukat

 

日本では旅館に行くと、必ずと言っていいほどどこでも部屋に浴衣がきちんと準備されていることが多いですね。

 

旅館には温泉もありますし、ゆっくり癒されるためによりくつろぎやすくするという目的もありますしそのまま寝間着としても使える浴衣は重宝されます。

 

そんな浴衣ですが、正しく着る着方やマナーなどはあるんでしょうか。

 

今回は旅館で浴衣を着るタイミング上着、着方などのマナーなどについてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

浴衣を着るタイミングはいつ?

 

onsen

 

旅館では部屋に入るとすでに浴衣が用意されているので、荷物をある程度整理したらすぐに浴衣に着替えてゆっくりくつろぐ人も多いと思います。

 

特に、遠方から長時間かけて移動したという場合はその分疲れも溜まっていますからね。

 

温泉に行ってまずは入浴してから浴衣に着替える人も居ると思いますが、特に浴衣を着るべきタイミングなどはありません。

 

浴衣があっても寝る時は別に自前のパジャマを持参する人も居ると思いますし、浴衣の使い方も人それぞれですからね。

 

寝間着としてもそのまま着用するのであれば、温泉に行ってから浴衣を着るほうがパリッとしたままの浴衣を着ることは出来ます。

 

それでも、浴衣は旅館でくつろぐための服や寝間着としての役割どちらもあるので好きな時に着るのが一番良さそうですね。

 

そんな浴衣ですが、着る時には浴衣一枚で着るよりも更に上着を着用するほうが良いそうです。

 

次のページでは、浴衣を着る時に上に重ねて着たい羽織についてご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3



スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加PocketClip to Evernote




スポンサーリンク

コメントを残す