よもぎ餅のアレンジした効果的な食べ方は?冷凍方法と期間は?

hore

よもぎ餅とは和菓子の一種で、餅によもぎの若葉を混ぜて作ったお菓子のことですね。

 

よもぎの若葉には独特の爽やかな香りがあり、春を感じさせるお菓子として食べられ別名草餅、草団子などと呼ばれることもあります。

 

そんなよもぎ餅は、そのままただ食べるのではなく効果的に食べるアレンジした食べ方があります。

 

そこで、今回はよもぎ餅の食べ方や冷凍方法と期間、カロリーなどについてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

よもぎ餅の食べ方

moch

お餅を食べると太るとよく言われたりしますが、どんな食べ物でも体内に入ると糖に変わりそれが血液によって運ばれます。

 

この時の血液に含まれる糖の値が血糖値ですが、これが急に上がると体内でインシュリンという物質が発生して血糖値を下げて安定させようとするのですが同時に脂肪を分解する働きを抑えてしまいます。

 

その為太りやすくなってしまうと言われるのですが、糖分を摂れば摂るほどそのリスクは高まります。

 

白米お茶碗一杯分約150gの糖質は約56gと言われていて、これはお餅約2個分に匹敵します。

 

つまり、お餅を2個よりも多く食べるとなると白米を食べるよりも太りやすくなるわけなんですね。

 

そこで、お餅を食べる時は血糖値が上昇するスピードを表すGI値が低いものと一緒に食べることで太りにくくなると考えられています。

 

GI値が低い代表的な食品には、大豆や水溶性食物繊維である海藻などがあげられますね。

 

よもぎもこの低GI値食品ですが、更にアレンジして食べると良いと言われています。

 

一度よもぎ餅を焼いてから醤油をかけるか、つけ焼きにして海苔で巻いて食べると良いそうです。

 

生のよもぎ餅は軽くサッと湯通しして、きな粉を振りかけて食べると相性が良く体にも良いのだそう。

 

よもぎ餅を食べる時は、少し食べ方を工夫するだけでより美味しく体にも優しく食べられそうですね。

 

そんなよもぎ餅も、大量にあって食べきれない時は早めに冷凍保存しておくと長期間の保存が可能になります。

 

次のページでは、冷凍方法と保存出来る期間についてご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3



スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加PocketClip to Evernote




スポンサーリンク

コメントを残す