ホワイトデーでお返しする意味は物によって違う!相場・三倍返しの由来

notebook-867707_1920

バレンタインデーにチョコを贈られたら、そのお返しとして贈り物をするホワイトデー

 

バレンタインデーが女性から男性に贈り物をする日なので、ホワイトデーは男性から女性に対して贈り物をするわけですが、チョコのイメージが強いバレンタインデーに対してホワイトデーに何を贈るか迷う人も多いかと💡

 

それは相手が本命なのか、義理なのかによってもまた違ってくることだと思います…(‘ω’)ノ

 

今回は、

・ホワイトデーのお返しの意味と本命と義理に贈る贈り物の種類

・相場や三倍返しの由来

などについてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ホワイトデーにお返しするものの意味

macaroon-886567_1920

ホワイトデーにお返しとして贈り物をする意味は、

・告白の返事として

・バレンタインデーにいただいた贈り物のお礼や日頃の感謝を込めて

・お世話になったので気持ちとして…

など、人によって様々(´ω`)

 

チョコやチョコ系のスイーツ、焼き菓子などをもらった場合は、同じようにお菓子やスイーツで返すのが一般的ですが、物によって意味合いが変わってきます。

以下、それぞれのものが持つ意味の一例をご紹介していきたいと思います👇

 

チョコの場合

まずは、チョコですがこれはバレンタインに贈るものとしてメインになるもの。

そのお返しとして同じようにチョコを贈るというケースが多いので、バレンタインのお返し以外に特に深い意味はありません。

 

同様に、ケーキもイベントなどで食べる機会が多いものなので特に特定の意味は持たないと言われています💡

 

クッキーの場合

クッキーの場合は、サクッとドライな食感で値段も手ごろで選びやすいお菓子の一つなので友達のままで居ようという意味があります。

 

本命ではなく、義理で贈るのであれば不特定多数の人に友人、職場の同僚などとして贈ることが出来ますね。

 

マカロンの場合

一方、カラフルな色合いとコロンと丸い形の見た目がかわいらしいマカロンは女性が喜ぶ定番お菓子。

 

間にクリームがサンドされている姿から、気持ちがあることを意味し特別な人という意味が含まれているようです。

 

キャンディーの場合

また、あまり好き嫌いなくどんな人でも食べられるキャンディーは甘さが長く続いて楽しめるお菓子なので、私もあなたが好きという意味があるのだとか。

 

マシュマロの場合

逆に、見た目はフワフワで美味しそうなマシュマロは口に入れるとすぐにあっという間に溶けてしまうことから、あなたに好意は無いという意味になるそう。

 

グミの場合

チョコやクッキーなどと比べると贈る機会はあまりないかもしれませんが、グミもデザインがかわいいものやパッケージがお洒落なものが多く、ギフト用として選ばれやすくホワイトデーのお返しになるケースもあります。

 

でも、グミは他のお菓子と比べるとチープなイメージからか恋愛対象ではないという意味になるよう(;’∀’)

 

バウムクーヘンの場合

また、贈り物として選ばれる洋菓子にバウムクーヘンも人気。

大きなものが王道ですが、最近は手のひらサイズのものもありますし小さくカットされた一口サイズのものあり食べやすくなっています。

 

丸く輪になったバウムクーヘンは、長寿や繁栄を意味するので目上の人や年配の方向けの贈り物としても良いそうです

 

相手に何かしらメッセージを伝えたい場合は、贈る品物の意味を考えてから贈ると良いのではないでしょうか\( ‘ω’)/

そうすることで、より相手へ自分の気持ちが伝わりやすくなるかもしれませんね‼

 

次のページでは、ホワイトデーでお返しにかける金額の相場についてご紹介します。


PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3

スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加PocketClip to Evernote


スポンサーリンク

コメントを残す