心筋梗塞の前兆と背中の痛みの関係は?心電図に異常はない?

tic-tac-toe-1777936_1920

心筋梗塞という言葉を一度でも耳にしたことがあるという人は多いと思いますが、それはガンや脳血管の疾患とともに心筋梗塞も日本の三大死因の一つとされてきたからです。

 

最近では、命の危険があるリスクのある症状として肺炎の割合のほうが増えているようですが、いずれにしても致死率が高く合併症も起こしやすい為適切な予防対策が必要です。

 

多くの病気は、人によっては発作のように大きな症状が出る前に自分でなんとなく変だな、おかしいなと気付けるような軽度の症状が出ることがありますが、心筋梗塞も発作の前に前兆があると言われています。

 

そこで、今回は背中の痛みと心筋梗塞の前兆との関係、心電図に異常がない理由や治療法などにについてまとめました。

スポンサーリンク

心筋梗塞の主な症状

stethoscope-1642830_1920

心筋梗塞というのは、心筋への血流が正常に流れなくなることで心臓に障害が生じる疾患、虚血性心疾患の一つとなっています。

 

血流が滞ると心臓の筋肉細胞が壊死してしまい、それによって症状が起きるので心臓麻痺や心臓発作などとも呼ばれることもあります。

 

体の中でも最も重要な役割をしている心臓に欠陥が生じるわけですから、体へのダメージは大きく昔は心筋梗塞になるとその30%の人が命を落とす結果になっていたと言われています。

 

現在では、医療の技術も進み冠状動脈集中治療室という特別な治療が出来るところが出来たので助かる見込みが大きくなっています。

 

心筋梗塞は、冠動脈の血管に動脈硬化が起きてボロボロの血管が内部から剥がれることでそれが血流の妨げになり血管を詰まらせてしまうことによって起きます。

 

主な症状としては、ある日急に胸のあたりに激痛が走るというものでその他にも息苦しさや胃痛、吐き気、冷や汗などが出ることがあります。

 

胸のあたりの強い痛みや締め付け感が15分くらい続きますが、急性の場合は激しい痛みや圧迫感が30分くらいと長く続くこともあるそうです。

 

冷や汗や吐き気など、色々な症状が出るので何が原因なのかわかりにくいですがひどい場合だと呼吸困難や意識不明の状態に陥ることもあると言われています。

 

前兆としては、心筋梗塞の発作が起きる前になんとなく背中の痛みを感じることがあります。

 

心臓の辺りや胸から背中にかけて、圧迫感を感じたり締め付けられているような鈍痛が感じられます。まれに、左肩や首にも広がるような痛みが出ることもあります。

 

これらは、一例なので必ずしもこの症状ではなくまた違った症状が出ることもあるかもしれませんが締め付け感やみぞおち周辺の鈍痛には注意したいですね。

 

糖尿病患者や高齢者の場合は、あまり痛みが起きない無痛性心筋梗塞を起こすことがあるので自覚症状がないまま危険な状態にまで進行してしまうこともある為注意が必要です。

 

前兆として突然痛みが出て少しすると良くなる場合や、数日から数週間にかけて短期間の発作を繰り返したり、徐々に痛みが出てくる場合もあるそうです。

 

心筋梗塞発症の前に狭心症という軽めの症状が出る場合があり、その時に病気を発見出来れば大事には至らないので早めの受診をしましょう。

 

次のページでは、心電図では異常が出ない理由と主な検査方法、治療法についてご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3



スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加PocketClip to Evernote




スポンサーリンク

コメントを残す