春節の期間はいつからいつまで?爆竹や花火の意味は?

shunsetsu

日本では、お正月と言えば毎年大体12月29日頃から1月3日くらいまでの期間が一般的ですよね。

 

日本だけでなく、31日から1日にかけてはニューイヤーをお祝いして世界共通で大きな花火が沢山打ちあげられたりショーを行うなど様々なイベントがあります。

 

ですが、中国を始めとする台湾やシンガポールなどの中華圏では新暦のお正月(元旦)よりも旧正月(春節)の方が重要な祝日とされます。

 

日本にはあまり今は馴染みがない春節ですが、毎年いつからいつまでの期間行われるのか、期間中に行われる花火や爆竹の意味、食べ物などについてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

春節の期間はいつからいつまで?

diary-684750_1920

もともと、古い時代の中国では新しい年を迎える時に先祖を祭り、その年一年豊作になるようにとの願いも込めてお祝いしていたそうです。

 

ですが、実は中国ではその時の王朝によって新年を一月とする時代もあれば十一月や十二月を新年とする時代もあったそうです。

 

そういった時代を繰り返し、中華民国になる前の清朝国では一月を新年として使われていたそうですがその清朝国も終わりを迎える時にグレゴリオ暦が使われるようになりました。

 

清朝国が滅びでその後中華民国と成った時、西洋諸国と同じグレゴリオ暦が新しく使われるようになったのですが、その新暦の1月1日を元旦とし、それまで使っていた旧暦(太陰太陽暦)の正月初日を春節としたそうです。

 

これが春節の始まりと言われていて、中国では新暦で言う1月1日を元旦として旧暦の正月を春節にしたんですね。

 

2015年の中国の春節は、2月18日となっていてこの日は祝日で、期間は2月18日から2月24日の7日間とされています。

 

2016年は、2月8日が春節で2月7日から2月13日までの7日間が休日、2017年は1月28日が春節で1月27日から2月2日までの7日間が休日となっています。

 

旧歴に従って毎年時期は少し違いますが、大体一週間くらいの休みがあるので日本で言うGWのような大型連休になりますね。

 

他の中華圏では、時差の関係から新暦に対する旧暦の日にちに多少の差が出ることもあります。

 

この期間には、年配者の長寿に対して感謝と畏敬の意を表し、隣人や近所住民、友人と挨拶をしあったり、家族や親戚一同で食卓を囲み盛大にお祝いするそうです。

 

お祝いの仕方に関しては日本でもお正月には家族で食卓を囲んだり、ご近所さんや親戚、友人などに挨拶するので過ごし方としてはあまり変わらないですね。

 

次のページでは、春節で花火や爆竹などが至る所で使われる理由とその意味などについてご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3



スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加PocketClip to Evernote




スポンサーリンク

コメントを残す