桃の節句のお祝いはいつやるべき?プレゼントの金額の相場は?

毎年3月3日は、ひな祭りとして女の子の成長や健康を祝う桃の節句ですね。

 

これから毎年3月3日には女の子が無事育つようにお祝いしていくであろうひな祭りですが、赤ちゃんが生まれて初めて迎える初節句は特に盛大にお祝いする一大イベントになります。

 

一番張り切るのは、誰よりも祖父母かもしれませんが親としても初節句にはしっかりと準備して盛大にお祝いしてあげたいと思うはずです。

 

そんな時にどんなものをプレゼントしたらよいのか、金額はどのくらいのものが良いのか迷ってしまうこともあります。

 

そこで、今回は桃の節句のお祝いの時期と人気プレゼントランキング5選、相場などについてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

桃の節句のお祝いの時期はいつ?

 

子供が生まれてからは、色々なイベントを行う機会がありますが桃の節句のお祝いはいつが良いのでしょうか。 

 

一般的には、初節句を迎える頃に生まれて既に数か月経っているのであれば問題なくお祝いできると言われています。

 

ですが生まれてまだ1,2カ月と間もない頃だと、お宮参りに行くこともあると思いますし母子ともに体に少し負担になることがあります。

 

子供も生まれてすぐですし、母親にとってもこれから体が徐々に元の状態に回復していく時期なので無理は禁物です。

 

3月上旬は暦上では春でも、実際はまだまだ寒い日がありますし体調も崩しやすいですからね。

 

そんな時は初節句を翌年に持ち越したり、0歳の時はささやかにお祝いして1歳になってから盛大にお祝いするという人も居ます。

 

イベントだからと無理してお祝いしようとせず、母親も赤ちゃんも負担なくひな祭りを楽しみながらお祝い出来る状態の時にお祝いするべきですね。

 

お祝いをする時はお金であれば当日でも良いですが、ひな人形などはお祝いの1カ月前くらいに贈りそれ以外の品物は1週間くらい前に贈るのが一般的です。

 

少し早めに贈っておくことで、余裕をもって飾ることが出来ますしその分長く飾って楽しめますからね。

 

当日使えるようなお菓子、ケーキなどは前日までに届けたり当日届けることもあるようですね。

 

初節句には初めてのお祝いということで、雛人形の購入資金も含めて身内や友人・知人で現金を贈ったりします。

 

子供が生まれると色々とお金がかかるので、現金が一番うれしいという意見は多いはずです。

 

現金でなければ、何かプレゼントを贈ったり現金とプレゼントを贈るなど人によっても様々です。

 

現金よりも、何かプレゼントを選んで贈ってくれたほうが嬉しいという人も居るはずなのでその辺はケースバイケースですね。

 

必要なものがあるか、現金のほうが良いのかなど事前にリサーチして必要なものなどを聞いておくと良いかもしれません。

 

金額の相場は祖父母であれば10万円前後から30万円くらいまでと、身内はやや高額になります。

 

特に、初孫の場合はおじいちゃんおばあちゃんも張り切って奮発して雛人形も立派なものを選んで贈るというケースが多いようですね。

 

親戚や兄弟などであれば5000円から10000円くらいというケースが多く、高くて2万円から3万円くらいという感じです。

 

その辺は、親や兄弟などと話し合って雛人形以外の足りない飾り物を贈ったりするようですね。

 

友人や知人であれば3000円から5000円前後が一般的になります。友人数人で、まとめて一定の金額のものを贈るというケースもあります。

 

一人当たりの予算が4千円くらいだとして、友人5人が集まったら2万円になるのでそれで何かプレゼントを贈るのも良いですね。

 

次のページでは、人気のプレゼントランキング5選についてご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2



スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加PocketClip to Evernote




スポンサーリンク

コメントを残す