友人への入籍祝いの相場の金額とは?人気プレゼントランキング5選

 

つい先日の話になるのですが、ある日ラインのグループチャットで友人の結婚の報告がありました。

 

近々入籍する予定で、その後に挙式や披露宴などは行わないつもりということでした。

 

そこで、お祝いのために友人数人で集まってサプライズパーティーをすることになりそのためにいろいろと情報収集をしたりサプライズでお祝いするための準備をすることになりました。

 

そこで、今回は入籍祝いの相場や人気プレゼントランキング、サプライズに喜ばれる手作りのものについてご紹介します。

スポンサーリンク

入籍祝いの相場はいくら?

 

入籍祝いの相場ですが、これは後で挙式をするのか、披露宴を行うのかによっても変わってきます。

 

入籍をして、その後挙式も披露宴も行うつもりで親族だけでなく友人も招待するという場合は会費やご祝儀を包むことになるので入籍の時にはささやかなお祝いをするということがあります。

 

入籍してから期間を置いて挙式や披露宴を行うというケースが多いので、入籍祝いには挙式や披露宴で使えるようなささやかなプレゼントを贈ると喜ばれます。

 

実際、私も一番仲の良い友人から結婚の報告を受けた時はまずはプロポーズのお祝いとして手紙とケーキ、入籍祝いには挙式や披露宴で使えるリングピローとウェルカムドールをプレゼントしました。

 

入籍後に、挙式や披露宴を控えているけどささやかなお祝いをしたいという場合は5000円から10000円程度が相場になることが多いようです。

 

会費制だと2万円前後、ご祝儀だと3万円包むことが多いのでその前にほんの気持ちのお祝いとして贈ると喜ばれるでしょう。

 

逆に、入籍だけして挙式や披露宴は行わないという場合は10000円から20000円が相場と言われています。

 

入籍だけして挙式や披露宴は行わないというケースは、ただ単に挙式にそこまで興味がなかったり金銭的な余裕がない、小さい子供が居るなど様々な理由があります。

 

お返しの分を一応考慮したとしても、半返しや三分の一くらいの金額のお返しで相手に負担がないようにとこの相場になっています。

 

ですが、自分の結婚式に招待した時に会費で20000円位もらっていたら20000円、ご祝儀で30000円くらいもらっていたら挙式や披露宴を行わなくても30000円包むということが多いです。

 

その辺は、自分の結婚式にいくら頂いていたか、入籍後に挙式など行うのかによっても相場は変わるので参考程度にしてください。

 

ちなみに、今回私の場合友人は入籍だけして挙式や披露宴などは行わないということだったので友人数人で一人当たり10000円のお祝いをすることにしました。

 

それにプラスでお店を借り、ケーキの用意とフォトアルバムも作りトータルで一人20000円位になる計算で準備しました。

 

お祝いの金額が大体決まれば、あとは現金にするのか何か物を贈るのか迷うこともあると思います。

 

そこで、今まで他の友人に贈って喜ばれたもの、友人に聞いて欲しいと言われたものなどを中心にまとめてみました。

 

次のページでは、入籍祝いで喜ばれるプレゼントランキング5選についてご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3



スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加



スポンサーリンク

コメントを残す