ヘルパンギーナの症状は大人だと重症化する?夏だけでなく冬も感染する?

 

pulse-818378_1280

 

夏の三大感染症として知られるヘルパンギーナ、手足口病、プール熱。

 

一般的に子供を中心に感染しますが、体力や抵抗力が落ちている時は大人にも感染することがあるので大人か大丈夫と思っていると体調を崩したタイミングで発症することも。

 

感染を防ぐためにも、感染しても大事に至らずに済むようにする為にも感染経路やウイルスの感染力、潜伏期間などについて知っておくと良いでしょう。

 

そこで、今回はヘルパンギーナの主な症状と感染力、潜伏期間、手足口病やプール熱などとの違いなどについてご紹介します。

スポンサーリンク

ヘルパンギーナの主な症状

 

thermometer-833085_1280

ヘルパンギーナの主な症状ですが一般的に 39度から40度くらいの高熱が急に出て、上顎や喉の奥の粘膜部分に白っぽい水ぶくれのような、口内炎のようなものが出来ます。

 

喉が痛むので唾を飲み込むことさえも辛く、あまり飲み食いが出来なくなります。よだれが多くなり、吐き気を催すこともあります。

 

6歳以下の小さい子供や小学生を中心に感染しやすく、大人に感染すると重症化する場合もあります。

 

大人の場合、軽症で済む人も居ますが重症化すると発疹が酷く熱が下がらない、頭痛が酷いなどの症状があります。

 

エンテロウイルスに分類される、コクサッキーウイルスa群のウイルスが原因であることが多いと言われています。

 

感染経路になりますが飛沫感染や接触などによって感染することが多く、5月から7月頃にかけてが毎年ピークとなるのでヘルパンギーナは夏の病気というイメージが強いです。

 

しかし、夏以外でも1年を通していつでも感染する可能性はあるので、冬に感染するケースもあります。

 

次のページでは、夏に多い他の感染症との違いについてご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3



スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加PocketClip to Evernote




スポンサーリンク

コメントを残す