ムーチービーサーの日はいつ?意味や由来とは?

shisa-787031_1920

ムーチーというのは沖縄でよく食べられるお菓子の一種で、餅が沖縄特有のなまりでムーチーと呼ばれるそうです。

 

そのままただ「ムーチー」と聞けば想像できないですが、お餅がなまるというのがイメージできればなんとなくわかりますね。

 

そんなムーチーは、九州南部から沖縄に多く自生している月桃の葉で餅を包んだもので、黒砂糖や紫芋などで味を付けて蒸したものになります。

 

沖縄にはムーチーを食べるムーチーの日という一種の特別なイベントのような日が存在しますが、その意味や由来は何なんでしょうか。

 

今回はムーチーの日の意味と由来、作り方などについてご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

ムーチーの日の意味とは?

hibiscus-787030_1920

ムーチーの日というのは、旧暦の12月8日のことで新暦にすると2016年は1月17日(日)、2017年は1月5日(木)になります。

 

沖縄では、この日は一年のうちで最も寒い時期になるのでムーチーを食べて寒さに負けないよう家族の健康を祈るという大事な日なんですね。

 

昔から縁起の良い食べ物とされているムーチーは、そのまま食べるだけでなく神棚や仏壇にもきちんとお供えをして厄払いをする風習もあるそうです。

 

色々な食べ方、イベントの楽しみ方があるようで子供の年齢の数のムーチーを天井から下げるサギムーチーというものも存在します。

 

また、生まれてから初めてのムーチーを迎える家庭では初ムーチーと言って親戚やご近所さんにムーチーを配って歩くこともあるそうです。

 

ムーチーの味ですが、ほんのり甘く香りも良いのでパクパクと食べられちゃうんですね。

 

イベントには欠かせないムーチーですが、そもそもなぜこのイベントが行われるようになったんでしょうか。

 

次のページでは、このイベントの由来についてご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3



スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加PocketClip to Evernote




スポンサーリンク

コメントを残す