月光浴の意味は浄化?その効果とやり方は?月光水を作るのも良い?

nature-945162_1280月光浴とは、文字通り月の光を浴びてパワーを得ることを言います。

 

よく、パワーストーンの石を休ませたり癒してあげる時の方法の一つとして使われたりしますね。

 

石もそうですが、月と人間や生き物の繋がりは昔からずっと存在するものなので人間が月光浴するのも良いのだそう。

 

ストレスが溜まってどうしようもない時、なんだかモヤモヤした気分が続く時、不調の時なんかに月光浴をしてみると良いかもしれません。

 

そこで、今回はそんな月光浴の効果、やり方などについてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

月光浴の意味は浄化?

 

パワーストーンの浄化方法はそれぞれ違いますが、代表的な浄化方法の一つとなっている月光浴。

 

月が満ちる方向に石を置いて月の光を30分ほど当てることで、疲れた石が活力を取り戻しより美しさと力を得られるようになるんだそうです。

 

石も、身につけていればいるほど疲れてしまうので定期的に休ませてあげると良いんですね。

 

ただ、ネガティブな要素を取り込んでしまうので0時以前に行うのが良いと言われています。

 

日時や月の形などは特に関係ないですが、これは人に対しても同様に浄化の作用があるそうなんです。

 

女性は体の働きの関係から、ついイライラしたり感情が高ぶったりする時期もありますよね。

 

月光浴は、そういった感情の高ぶりや不安定な気持ちを浄化して落ち着かせてくれるのだとか。

 

悩みがある人や心がモヤモヤとしてスッキリしない人は月光浴をすることで、頭や心の中が晴れやかになるかもしれませんね。

 

次のページでは、月光浴がもたらす効果についてご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3



スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加PocketClip to Evernote




スポンサーリンク

コメントを残す