喪中ハガキはいつまでに出すのがマナー?文例は?返事の仕方は?

old-791384_1280

一年以内に身内で不幸があった時に、新年の挨拶は控えるということを知らせるためにあるのが喪中はがきです。

 

そんな喪中はがきは身内だとどの範囲まで出すと良いのか、また一体いつ頃までに出すのが良いのか迷うこともあると思います。

 

そろそろ年賀状の用意をしようと思っている時期に、急に不幸のお知らせが来ることもありますし年の瀬が近付くと余計バタバタしてしまいますからね。

 

今回は、喪中はがきの文例や返事の書き方、誰にいつまでに出すべきなのかなどマナーについてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

喪中ハガキは誰に出すべき?

 

喪中はがきは、誰に出すべきなのかですが原則として喪中はがきは毎年年賀状を出している人に出します。

 

公私共に、プライベートでも仕事でもお付き合いがあるような関係の人ですね。友人や知人、上司や部下、取引先の人など、あとは親戚などの身内も対象になります。

 

ちなみに、喪中はがきを出す基準としては身内に不幸があった時ですが「身内」と一口に言ってもその定義は人それぞれ違ったりします。

 

では、何親等までの親族に不幸があれば喪中ハガキを出すべきなのかということですがそれは故人とどれぐらいの関わりがあったのか、気持ちにもよりますが一般的には二親等までと言われています。

 

一親等は自分の両親や配偶者の両親、配偶者と子供が当てはまり、二親等は自分の兄弟や姉妹、祖父母が当てはまります。

 

なので、自分の親やパートナー、子供、更に自分の兄弟や祖父母までの親族で不幸があった場合は喪中はがきを出します。

 

自分の伯父(叔父)や伯母(叔母)などに不幸があったとしても、基本的には喪中はがきは出さなくて良いということですね。

 

ですが、最近は祖父母とは遠く離れて暮らすケースも多い為、二親等でも祖父母の場合は出さないことも多いようです。

 

時代的な背景もあるとはいえ、少し寂しい気もしますよね。一緒に住んでいる、もしくは近くに住んでいる場合は出すとちうケースが多いです。

 

三親等以下に当たる叔父や叔母、従兄弟の場合はほとんど出すことが無く、遠い親戚に当たる場合はよっぽどのことが無い限り通常は出しません。

 

近い親戚か遠い親戚か、ということよりも同居しているかが喪中ハガキを出すか出さないかの決め手になることも多い傾向にあります。

 

最近はプライベートと仕事を分けて、喪中でも仕事関係の人には通常通り年賀状を出したり、故人との面識や関わりが無い相手にもそのまま年賀状を出す場合が多いようです。

 

不謹慎だと言う意見もあると思いますが、それが現代の相手への気遣い方の一つなのかもしれないですね。

 

次のページでは、喪中はがきの文例と返事の書き方についてご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3



スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加PocketClip to Evernote




スポンサーリンク

コメントを残す