熊野大花火大会のおすすめ宿泊先はどこ?駐車場の有無・雨天時の開催

 

kumano-ancient-road-1030462_1920

 

毎年8月17日に開催される熊野大花火大会は、三重県は熊野市にある七里御浜海岸で行われます。

 

花火の打ち上げ総数は約10000発で、三重県内では最も人気が高く東海の人気花火大会でもベスト10にも入る人気となっています。

 

1万発も花火が上がれば、もうこれで終わりか~と思うこともなく十分楽しむことが出来そうです。

 

全速力で走る船から海面に投げ込むといった一風変わった花火、600mにも及ぶ三尺玉の大きな花火など、スリル満点で見所も色々とある花火大会なので見どころも色々とあります。

 

今回は、そんな熊野大花火大会でおすすめの宿泊先・ホテルや駐車場の有無、雨天時の開催などについてご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

 熊野花火大会の宿泊先・ホテルはどこが良い?

 

hotel-1330850_1920

 

熊野花火大会は、8月17日は19時10分から21時半まで行われ毎年10万ほどの観客を魅了しています。

 

打ち上げ会場が七里御浜海岸となっているので、そのまま会場で観るのも良いですがオーシャンビューのホテルから眺めるのもまた良いですよね。

 

時間があれば、ゆっくりとホテルから優雅に観賞するというのも贅沢な過ごし方ですね。

 

人気の宿泊先ですが、以下4つのスポットが代表的です。

 

・旅の宿 はるさめ公式HP

参考:旅の宿 はるさめ

熊野市駅から車で10分ほどの距離に位置したアクセスの良い人気の温泉旅館。
部屋一つ一つが戸建てになっているので、リラックスした雰囲気の中で過ごすことが出来ます。

 

・里創人 熊野倶楽部

参考:里創人 熊野倶楽部公式HP

人気の高いリゾート施設で、海が見える部屋もあります。
熊野市駅からタクシーで15分ほどですが、無料送迎バスの利用も可能です。

 

・ホテルなみ

参考:ホテルなみ公式HP

海沿いに建つビジネスホテルで、すぐに海を見渡すことが出来る立地の良いホテル。熊野市駅から車で3分ほどの距離となっています。

 

・みはらし亭

参考:みはらし亭 公式HP

街中のホテルになりますが、打ち上げ場所まで歩いていくことが出来る好立地です。熊野市駅から歩いて5分という利便性の高さが好評です。

 

あとは、宿泊付きで花火を見るとなるとツアーに参加するという手段もありますが誰と行き何をメインにするか(花火だけなのか、観光もしたいのか)でも選択肢は変わってきます。

 

目的に合わせて、ツアーを利用したり個人で手配して宿は取るようにしたいですね。

 

車で行く場合になりますが、何処に停めるかが重要なので会場周辺の駐車場もチェックしておきましょう。

 

次のページでは、会場近くの駐車場についてご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3



スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加PocketClip to Evernote




スポンサーリンク

コメントを残す