クエン酸で掃除すると効果的?食用との違いは?注意点は?

vacuum-cleaner-657719_1280

毎日掃除機をかけたり、キッチンやお風呂場、トイレ掃除など家の中を綺麗にするには定期的な掃除が必要になります。

 

特に、毎日良く使うところ、水回りがあるところは汚れやすいので洗剤を使ってしっかりと掃除する必要があります。

 

そんな洗剤の代わりとして掃除に使うと効果的だと言われるのがクエン酸です。クエン酸は、美容や健康に良いとされる口に入れた時にすっぱいと感じる成分のこと。

 

レモンやグレープフルーツなどの柑橘系の果物に多く含まれているクエン酸ですが、実は毎日の掃除にも使えるんです。

 

お財布にも環境にも優しい掃除をする為に、洗剤を使わずクエン酸を使って掃除する方法や掃除をする上での注意点、食用のクエン酸との違いなどについてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

掃除にはクエン酸が効果的?

fruits-863072_1280

クエン酸は食品では果物を始め、梅干し、ハイビスカス、ローズヒップなどにも含まれていて日常的に摂取しやすい成分の一つです。

 

クエン酸の酸度は低度であり、沢山摂取しても体に負担となることが少ない為色々な用途で重宝されています。

 

熱に強いことからお菓子作りなど料理にもよく使われていますが、健康面では疲労回復や痛風の予防にも良いんですよね。

 

立ち仕事の人や同じ姿勢で長時間居ることの多い職種の人で、且つ運動不足であれば乳酸が溜まっていることが多いです。

 

足を指圧してもらった時に特にすねの部分など押されると痛いというのは、その乳酸が溜まっているという場合が多いんです。

 

乳酸が溜まっていると足のつりや筋肉痛にもつながりますが、クエン酸を摂ると作用して乳酸を体内から排出してくれるようになります。

 

そんな体にも良いこといっぱいなクエン酸が、普段の掃除にも使えるんですよね。

 

掃除と言えば、同じく食品としても使えるものに重曹があります。重曹は、アルカリ性なので酸性の汚れを落とすのに優れています。

 

一方、クエン酸は酸性なのでアルカリ性の汚れを落とすことが出来ます。

 

汚れを落とすというのは、その汚れの性質に合わせて逆の性質を持った洗剤を使って汚れを中和させて落とすということです。

 

家の中の汚れには、主に水垢などのアルカリ性の汚れ、キッチンのぎとぎと油など酸性の汚れ、ホコリの中性の汚れに分かれます。

 

つまり、重曹はアルカリ性なので油汚れなど酸性の汚れを落としやすく酸性のクエン酸は水垢などアルカリ性の汚れを落とすのに適しています。

 

家の中では、キッチンでは酷い油汚れが起きますが基本的には流しもお風呂場もトイレも水垢の汚れが発生しやすいです。

 

なので、クエン酸を使うことであらゆる場所の汚れを落とすことが出来るというわけです。

 

そんなクエン酸が掃除に使うと効果的な理由は、汚れを落とすだけでなく臭いも一緒に消し更に同時に菌も除去することが出来るからです。 

 

〇クエン酸の効果

・水垢やカルキ成分を分解する

・消臭効果がある(クエン酸自体は無臭)

・ばい菌の繁殖を抑える抗菌効果

 

主にキッチンやトイレ、お風呂場などを中心に家の至る所で幅広く掃除が出来るので人気です。

 

加湿器やポットなんかのお手入れにも使えて、大半のものはクエン酸水を入れて数分間稼働させることでお手入れ完了となります。

 

ものによっては専用の洗剤でしかお手入れ出来ないものもあるので、念の為取扱説明書や注意書き等確認してみてくださいね。

 

次のページでは、クエン酸を使って掃除をする上での注意点についてご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3



スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加



スポンサーリンク

コメントを残す