結婚式の祝儀の相場はいくら?書き方や入れ方・渡し方は?

balloon-1046658_1920

結婚のお祝いとしてお金を包んで贈るご祝儀✨

学生時代の友人など一緒に行く共通の友人が居れば、わからないことも相談し合えるかもしれませんが一人で行く場合は色々と戸惑ってしまいませんか?(;’∀’)

 

特に、

「結婚式には初めて行く人」

「今までに1回2回しか行ったことがない人」

「今まで会費制の結婚式にしか参加したことがない人」

の場合は不安もあるかと思います💦

 

事前にある程度マナーを確認して、初めてでも素敵な結婚式を過ごせたら良いですよね‼

 

今回は、

・結婚式の祝儀の相場

・祝儀袋の書き方や渡し方

などについてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

結婚式の祝儀の相場はいくら?

wedding-rings-251590_1920

結婚式の祝儀の相場はいくらくらい包むべきかと言うと、基本的に身内以外は3万円が相場となっています(‘ω’)ノ

 

友人だったり、学生の時の先輩だったり、職場の同僚だったりと家族や親戚以外の間柄の場合ですね💡

 

披露宴で取る食事にかかる費用が1,2万、更に引き出物を入れてトータルで3万円くらいになるからです。

 

すごく親しい相手やお祝いの気持ちを伝えたい時、夫婦で出席する場合などは大体5万円くらいが一般的。

 

もしくは、ご祝儀にプラスで何か喜んでもらえそうなプレゼントも添える感じ。

私はこんなものをプレゼントしてきました👉結婚祝いのプレゼントランキング5選!もらって嬉しい実用品はどれ?

 

親族・身内なら金額も大きくなる

 

身内であれば未婚の場合3万円から5万円、夫婦で出席する場合は8万円から10万円となっています💡

 

基本的にご祝儀は奇数で包みますが、

・ペアの意味を持つ2万円

・末広がりの意味を持つ8万円

を包むのも良しとされています。

 

また、県外の結婚式で遠方から行く場合は新幹線や飛行機などの交通費で既に数万円かかるのであれば包むのは2万円くらいが一般的かと💡

この場合、事前に相手から3万円も包まなくて良いよ、など気遣った連絡があるはず。

 

もしくは、宿泊費や交通費の一部を負担してくれるのでその人によって対応は違うと思いますが大体はご祝儀を少なくするかのどちらかになります。

 

ネガティブなものを連想させてしまう4や9の数だけは、縁起が良くないのでなるべく包まないようにしましょう。

 

次のページでは、ご祝儀袋の正しい書き方と入れ方についてご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3

スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加PocketClip to Evernote


スポンサーリンク

コメントを残す