干し柿の栄養と効能とは?白い粉はカビじゃない?

image4 (1)

柿の果実を乾燥させて作るドライフルーツの一種である干し柿。

 

秋から冬にかけての時期、都会ではなかなかないかもしれませんが軒先で干し柿が吊るされているのを毎年見るという人も多いのではないでしょうか。

 

外側は少し固めですが、中は柔らかくとろっとした食感で甘みが詰まっていてとってもジューシーなんですよね。

 

そんな干し柿には栄養がたっぷりと含まれているので、しっかり栄養補給をしておくことで本格的な寒さがやってきても風邪を引きにくくインフルエンザにもなりにくい体作りが出来るかもしれません。

 

そこで、今回は干し柿の栄養や効能、カビと間違えやすい白い粉の正体などについてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

干し柿の栄養と効能

 

フルーツはどれも、乾燥させてドライフルーツにすることで栄養が凝縮されるのでそのまま食べるよりも栄養が豊富で体に良いと言われます。

 

なので、柿もそのまま食べるよりも干し柿にすることで沢山の栄養を取ることが出来るはずです。 

 

柿は元々ビタミンや食物繊維、ミネラルが豊富で栄養が詰まっていますが、干し柿にすると更に栄養が凝縮されます。

 

それは干し柿には甘い柿よりも渋柿を使うからなんです。

 

渋柿は、成熟する前の若い柿のことで成熟していく過程で抜けていく苦味成分であるタンニンが残るので苦い味がします。

 

成熟した甘柿にもタンニンは少し残っているのですが、水溶性から不溶性に変わるので口に入れても溶けず渋く感じなくなるんだとか。

 

ちなみにタンニンの成分は、シブオールというネーミングからしてかなり渋そうな物質が主成分となっています。

 

渋柿はそのまま食べると渋さのほうが強く出てしまうので全然甘くなく感じるのですが、実は甘い柿よりも糖分が高いんです。

 

渋柿なのに甘柿よりも甘いなんてなんだかおかしな感じがしますが、干し柿にするとより甘みがして栄養も増えるんです。

 

それは乾燥させたり、お湯につけたり炭酸ガスにつけるなどといった渋抜きをすることでタンニンが変化するからだと言われています。

 

干し柿にすることで、特にビタミンAカロチン食物繊維カリウムが増えるようになります。

 

干し柿を二個食べると一日に必要な食物繊維の半分以上が取れるそうなので、お腹の調子を整えてくれそうですね。

 

次のページでは、干し柿を食べると得られる効能についてご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3



スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加PocketClip to Evernote




スポンサーリンク

コメントを残す