冷やかしの意味や語源・由来とは?どんな類語がある?

 

fountain-pens-1393977_1920

 

日本人でも、母国語である日本語の意味をそこまで詳しく知らなかったり改めて知ると色々な発見があったりします。

 

また、言葉の由来も色々と調べてみると背景に面白いストーリーがあったりと言語というものは奥が深いものです。

 

普段何気なく日常で使っている言葉でも、語源までは知らないことも多いので面白かったりします。

 

冷やかし、という言葉も普通は冗談を言う・からかうという意味での認識が強いと思いますが他にも意味はありますし江戸時代に使われるようになった言葉と言われています。

 

今回は、冷やかしの意味や語源・由来、類語などについてご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

冷やかしの意味とは?

 

berlin-1304370_1920

 

冷やかしとは、日常でよく使われる言葉の一つですが意味は主に二つに分かれます。

 

一つは、恥かしくなったり居心地が悪くなるように冗談を言って他人をからかうことを言います。

 

例えばですが、学校から帰る時に帰り道で一緒になった子と歩いていたら同級生に冷やかされたとかですね。

 

もう一つは、特に何かを買うつもりがないのに店内を見て回って過ごすような状況のことを言います。

 

特に目的もないのに、ただ値段を聞いたり品物を手に取って見たりするお客さんのことを冷やかし客と呼んだりしますね。

 

ウィンドウショッピングというよりは、店先で見るだけ見て出ていくような感じになるんでしょうか。

 

一般的には、前者のほうが主に使われていてどちらにせよあまり良い意味ではないですね。

 

冷やかし、というと冷たいような水を連想させる感じがしますがその語源は江戸時代の頃から来ているようです。

 

次のページでは、冷やかしの語源・由来などについてご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3



スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加



スポンサーリンク

コメントを残す