腫れ物に触るの意味と使い方とは?どんな類語がある?

joint-fracture-490818_1280

慣用句というのは、主に二語以上で一つの意味を表す言葉のことですがそんな言葉の一つに「腫れ物に触る」という言葉があります。

 

会話でも日常的によく使われる言葉でもありますが、シチュエーションが分かりにくい場合もあります。

 

言葉は、なんとなくで使っていることも多いと思いますが一体どんな時にどんな場面で使うのが本来正しいのでしょうか。

 

会話の中で自然と言葉を使うことはあっても、その意味を考えながら改めてどんな使い方が正しいのかを考えるとわからなくなってしまうことがあります。

 

そこで、今回は「腫れ物に触る」の意味と使い方、類語などについてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

「腫れ物に触る」の意味

 

腫れ物に触るという意味は、気難しい相手の機嫌を損ねてしまわないように、細心の注意を払って接することです。

 

例えば怪我をした時など本当の腫れ物に触る時は触れば痛いですし触る前から痛いと分かっているので、むやみに触ったりする真似なんてしないですよね。

 

痛みを感じるだけでなく、患部が悪化して腫れが倍増する可能性もありますからね。

 

機嫌を損ねやすい人というのは、気をつけないとちょっとしたことで腫れ物が腫れるかのように感情が膨らんでしまうことがあります。

 

それが、ほんのちょっとした些細なことだとしてもすぐに怒ったり拗ねたりといったネガティブな感情につながります。

 

「腫れ物に触る」という言葉通り、気難しい相手と接する時は腫れ物に触る時のような慎重な様子が思い浮かんできますね。

 

会話の中では、「腫れ物に触る」だけでなくそれに「扱い」だったり「接する」などもプラスして腫れ物に触るような扱い、腫れ物に触るように接するなどと表現することが多いです。

 

次のページでは、腫れ物に触るような扱いという表現の例文についてご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3



スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加



スポンサーリンク

コメントを残す