羽目を外すの意味や語源とは?使い方の例は?

girl-948245_1920

日常で口頭でもよく使う表現の一つとして、「羽目を外す」という言葉があります。

 

普段何気なく使っている言葉でも、その意味は大体知っていても語源や由来などはあまり知られていなかったりします。

 

一体どんな場面で使うのが正しい使い方なのか、確認して覚えておくと良いかもしれません。

 

今回は「羽目を外す」の意味や語源、使い方の例などについてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

羽目を外すという言葉の意味

 

羽目を外すというのは、調子に乗ること、度を越すことという意味になります。

 

主に行き過ぎた行動を指すことが多く、〇〇をして羽目を外すと言ったり羽目を外したから〇〇になったなどとどちらかというとネガティブな意味合いで使われることが多いかもしれません。

 

非日常的に思う存分めいっぱい楽しんで満喫するような意味合いがあるので、類語というか似たような言葉としては「ハジける」「羽を伸ばす」「はしゃぐ」などがあります。

 

盛り上がるまでなら良いのですが、ある一定の限度を越してしまうのが羽目を外すということになるんですね。

 

羽目を外すという言葉、その表現はどこから来たのかというと実は馬が関係しています。

 

次のページでは、羽目を外すという表現の由来についてご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3



スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加PocketClip to Evernote




スポンサーリンク

コメントを残す