顔・体の日焼け止めの落とし方とは?服や鞄についた時の対処法は?

夏は外出時は特にしっかりと紫外線をカットするために、日焼け止めを使って顔や体を保護する人は多いですが夏以外でも基本的に紫外線は年中浴びるものなので、屋内に居ても日焼け止めは欠かさないようにしたいものです。

 

紫外線から顔や体を守ることは大事ですが、その都度綺麗に落とし切れていないとそれもまた肌に負担となることがあります。

 

日やけ止めには、成分の一つとして「紫外線吸収剤」や「紫外線散乱剤」が含まれていますが、紫外線吸収剤はオイルなので落とし切れていないと肌が水をはじくように薄い膜が張るような感じになります。

 

一方、紫外線散乱剤の場合は白っぽい粉末なので落とし切れないと顔がところどころ白っぽくなってしまいます。

 

また、顔や体だけでなく服、鞄などにうっかりつけてしまうことも少なくないのが日焼け止めです。

 

そこで、今回は顔や体に塗った日焼け止めの基本的な落とし方と服や鞄についた時の対処法、洗濯の仕方などについてご紹介します。

スポンサーリンク

日焼け止めの基本的な落とし方

 

日焼け止めは、強い紫外線は防げないけれど肌に低刺激で優しいと言われる「紫外線散乱剤」を含むもの、強力な紫外線を防ぐ分肌にも少し負担となる「紫外線吸収剤」を含むものがあります。

 

紫外線吸収剤は、イメージから肌に良くないものと思われがちですが紫外線を吸収して溜め込むのではなく吸収剤によって散乱・反射せるものです。

 

紫外線散乱剤は、散乱剤を使って紫外線を散乱・反射させていて紫外線吸収剤のほうが夏の強い日差し対策に使われることが多く、紫外線散乱剤を使ったものは夏以外のあまり紫外線が強くない時期(若しくは敏感肌など)に使われることが多いです。

 

どちらも一長一短あるのですが、肌への負担を考えると紫外線を直に浴びてしまうことが一番の負担なので日焼け止めは使ったほうがよく、目的によって使い分けるのが一番です。

 

例えば、夏の暑い時期に適した紫外線吸収剤を含む日焼け止めを使うとこまめな塗り直しが必要ですがその分強い紫外線から肌を守ることが出来ます。

 

落とすには、成分がオイルなので基本的にクレンジング、場合によっては専用のクレンジングが必要な場合がありオイルかリキッドでしっかり落とすことが出来ます。

 

紫外線吸収剤の場合は、あまり紫外線が強くない時期、屋内だったり、肌が敏感な人も使えるものが多く、塗り直しは必要ないのですが強い紫外線は防ぎきれないため帽子だったり他の紫外線アイテムが必要です。

 

粉末が原料なので、お湯で洗い流せるものもありますが基本的に洗顔料、石鹸で落とすことが出来るものが多いです。

 

紫外線吸収剤は、きちんと落とせていないと油っぽく、紫外線散乱剤は白く粉っぽいものが残るので洗顔後にしっかり落とせているか確認するようにしましょう。

 

クレンジングを使って落とせない場合は、量を調節してみたり再度丁寧に洗うなどの対策が必要ですし、ぬるま湯や洗顔料で落とせると言われているものも実際はよく落とせないことがあります。

 

その場合は、やはりクレンジングを使って落としたほうが良いはずです。

 

日焼け止めが肌に残っていると、汚れが毛穴に詰まることで黒ずみが起きたり潤いが奪われ乾燥しやすくなります。

 

体の場合も同様で、腕や足にはたっぷり日焼け止めを塗る人は多いですがボディーソープだけでは落とせないものもあるので、顔用だったり体専用のクレンジングを使ってしっかり落とす必要があります。

 

日やけ止めを塗っていても、紫外線からだったり乾燥によって肌がダメージを受けることは多少あるので力は入れずに優しくゆっくりと洗い流していきましょう。

 

強力なタイプの日焼け止めを使った後ほど、肌は乾燥しやすくなっているのでいつも以上に保湿を心がけることが大事なので、化粧水はたっぷりと使うようにしたいですね。

 

次のページでは、服や鞄などに部分的に日焼け止めがついてしまった時の対処法についてご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3



スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加



スポンサーリンク

コメントを残す