ミカンのカロリーはどのくらい?ダイエット中でも太る原因にはならない?

tangerine-507898_1920

最近はハウス栽培も盛んなので食べたいな~と思ったら、大体どの時期でも食べられるミカンですが、一般的に冬の時期が旬の果物です。

 

寒い冬には欠かせない温かいコタツの上に、常時置いてあるようなイメージも強かったりしますよね。

 

お正月の時に実家に帰省すると家にあって、ついついパクパクと食べてしまう人も多いのではないでしょうか。

 

冬は、イベントが多く飲み食いする機会が沢山あると思いますがその分太りやすい時期になるので体重への影響も気になるところです。

 

そこで、今回はそんなミカンの栄養やカロリー、ダイエットへの影響などについてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ミカンの栄養とカロリー

tangerine-850432_1920

ミカンは水分量が豊富で、ビタミンCが沢山詰まっている果物です。

 

さっぱりとしていて甘く、コロンと小さくて食べやすいので子供から大人まで人気の果物ですね。

 

ビタミンCは水溶性なので体に蓄積することが出来ないため、毎日こまめに摂る必要があるのですがミカン二つ分で1日に必要なビタミンCが摂れると言われています。

 

たった二つ食べれば良いのであれば、誰でも簡単にビタミンCが補給できますね。

 

また、ミカンを食べる時に除去しがちな白いスジにはペクチンという食物繊維が豊富なので出来るだけそのまま食べるほうが整腸効果があって良いそうです。

 

カロリーは大きさによって多少変わりますが、小さめのものでたったの約20kcal、大きめのものでも約54kcalと低めになっています。

 

なので、食べ応えがある割にはカロリーは低めの果物と言えるでしょう。

 

カロリーは低くても、果物はその分糖質が多いので甘いものの食べ過ぎになってしまうのでは?と思うこともあります。

 

そこで、次のページでは、気になる糖質についてもご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3



スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加PocketClip to Evernote




スポンサーリンク

コメントを残す