チョコレートの賞味期限切れはいつまで大丈夫?白いのはブルーム現象?

香りがよく甘くて美味しいチョコレートは、子供から大人までファンが多いスイーツの一つだと思います。

 

ミルクが入ったマイルドなもの、カカオの量が多いビターテイストなもの、食感がソフトですぐに溶ける生チョコなど色々な種類のチョコが存在します。

 

そのまま食べても良いですが、ホットミルクなど飲み物に入れたりお菓子作りの過程で使ったり料理の隠し味に使ったりも出来るのでストックしてあるという人も多いです。

 

そんなチョコですが、購入してから随分日にちが経ってしまったもの、もらってから手を付けていなかったものが眠っているということもあると思います。

 

賞味期限切れのものはいつまで食べられるのかというと、それはチョコの種類や保存状態によっても変わってくるようです。

 

そこで今回は、「賞味期限の設定の目安」「未開封の物と開封後のものはいつまで食べられるのか」「白い粉状のものが見えるブルーム現象」についてご紹介します。

スポンサーリンク

チョコレートの賞味期限の設定の目安

 

どんな食品でも、経年劣化しない砂糖や塩などを除いては基本的に食べられる期限が存在します。

 

特に、チョコレートは風味や香りが大事なので美味しく食べるためには賞味期限を目安に食べきりたいところです。

 

ですが、棚の奥のほうに落ちていたなどでたまたま忘れ去られていたチョコを発見したり、食べようと思い先延ばしにしていたら大分月日が経っていたということもあります。

 

それが、ほんの少しの量であればまだ躊躇せずに捨てることが出来るかもしれませんが頂いたものだったり大量にあるもの、まだ手を付けてもいないものであれば最高に美味しい状態でなくても食べられたらそれで良いと思う人も居ると思います。

 

チョコレートの賞味期限の目安ですが、製造日から数か月後、半年くらいに設定されていることが多いと思いますがこの賞味期限というのは、未開封の状態で適切な保存環境だった場合に美味しく食べられる期間となっています。

 

チョコの適した保存環境は、高温多湿でないところであり28度を下回る涼しいところが条件です。

 

そのため、常温で置いておいた場合時期によっては劣化が早まることがありますし最初から冷蔵庫など涼しいところに置いておいたのであれば未開封であれば数年は持つようです。

 

開封後であれば、何年も経過していれば処分したほうが良いですが冷蔵庫に入れて置いたもので見た目や味に問題なさそうであれば食べることが出来る場合もあります。

 

また、チョコと言っても色々な種類があるのでそのチョコの種類によっていつまで食べられるのかは変わってきそうです。

 

次のページでは、種類によって違う食べられる期間の目安についてご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3



スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加PocketClip to Evernote




スポンサーリンク

コメントを残す