チョコレートの賞味期限切れはいつまで大丈夫?白いのはブルーム現象?

種類別 食べられる期間の目安

 

一般的に、プレーンタイプのほうが長持ちしやすく色々な材料が入っているものはあまり日持ちしないものが多いです💦

賞味期限を過ぎて、以下の期間も過ぎていれば食べないほうが良いでしょう👇

 

チョコの種類別期限の目安

・スイートやビターテイストのもの 2年ほど

・ミルク(ホワイト)チョコレート 1年ほど

・オレンジピールなど果皮が使われたもの 2・3か月から半年

・プラリネやボンボンチョコレート 2・3か月ほど

・ガナッシュが入ったもの 1か月ほど

・生チョコ 1・2週間ほど

 

スイート・ビターチョコは乳製品が少ないものが多くその分チョコの中でも日持ちしやすいようです💡

 

ミルクチョコも乳製品が含まれますが、賞味期限が切れても開封していなければ一年ほど持つことがあります(‘ω’)

 

オレンジピールとチョコの組み合わせは多いですが、オレンジでなくても果皮を使ったチョコのお菓子は砂糖漬けになっているので割と日持ちはします。

スポンサーリンク

プラリネ(ヘーゼルナッツ・アーモンドなどをカラメル状にしてペーストにしたもの)や中に詰め物が入ったボンボンチョコレートなどはそこそこ持ちますが、日が経てば経つほど風味が落ちてしまうことに…💧

 

ガナッシュ系チョコは生クリームを含むのであまり日持ちはしません。

生チョコは、ガナッシュを中に詰めたりかけたり加工するガナッシュ系チョコとはガナッシュをそのままの状態で食べられるようにしたもの。

 

その分更に日持ちはしにくくなっているので、開封前でも賞味期限が切れたら長くても2週間くらいまでとなっています📝

 

また、タブレットタイプのチョコのほうが空気に触れる面が少ないので長持ちしやすく一つ一つ小分けになったもの、ブロックになったものはその分劣化しやすいようです…

 

保存状態があまり良くなく劣化すると白っぽい粉のような物が見られる現象がありますが、カビなのかそうでないのかを食べる前に見極める必要があります👀

 

最後のページでは、白っぽい粉のような物が見られるブルーム現象についてご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3

スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocket