知覚過敏の原因はエナメル質が薄くなること?まずは歯磨き粉・歯ブラシを見直そう

dentist-1468619_1920

知覚過敏とは、虫歯など歯に問題のあるようなことが特にないにもかかわらず痛みや刺激を感じる症状のことを言います。

 

痛みや異変を感じると、虫歯や何らかの病気が考えられますが口内は健康なのに症状が出ることがあります。

 

酷い場合には、風が少し当たるだけでも症状が出る人も居る等様々な場面で苦痛を伴うことがあります。

 

より快適な日常生活にするためにも、まずは原因を知って対処していきたいですね。

 

そこで今回は、知覚過敏の主な症状と発症の原因、治し方などについてご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

知覚過敏の主な症状とは?

headache-1557860_1280

知覚過敏とは、感覚が敏感になり過ぎてちょっとした刺激も痛みに感じたりしみるなどといった症状が出ることです。

 

冷たい物、酸っぱいものなどを口にした時にズキッときたり、キーンと伸びるような痛みが起こるのが特徴ですが進行すると温かいものでも起こるようになります。

 

深く響くような痛みではないですが、食べたり飲んだりする時にいちいち刺激を感じたらそれはそれでストレスになってしまいます。

 

痛み自体は一時的なものであるため、短時間で自然と治まることが多くずっと長く続くようなことはないと言われています。

 

一般的には、前歯や奥歯などで症状が出やすいと考えられていますが人によっては全体的に症状が出ることも多いようです。

 

飲み食いした時や風が当たった時など何らかの動作を起こした時に症状が出るので、何もしていないのに急に痛みが出るということは少ないようです。

 

知覚過敏は、虫歯が原因で起こることもありますが多くの場合は歯の内部の「象牙質の露出」が原因となります。

 

歯の表面はエナメル質で出来ていますが、その中には象牙質というものがありその中の根っこ部分には血管や歯の神経があります。

 

エナメル質が削れたりもともと薄い人などの場合は、象牙質から刺激が神経に伝わりやすくそれによってしみるようになるんですね。

 

必ずしも、象牙質の露出で知覚過敏になるわけではなく唾液に含まれるカルシウムが不足していたりその時の体調によっても症状は出たり出なかったりします。

 

ストレスや疲れなども合わさって、一時的に知覚過敏になる人も多いようです。

 

知覚過敏と思っていても、虫歯や歯周病の症状の一つということもあるので注意が必要になります。

 

○主な原因

・睡眠中の歯ぎしり

・日常的な食いしばりの癖

・かみ合わせがもともと悪い

・研磨剤が含まれた歯磨き粉の使用

・ゴシゴシと力を入れた間違ったブラッシング

 

睡眠中の歯ぎしりや日常的な食いしばりの癖は、単なるクセの場合もありますが多くはストレスが溜まっている証拠とも言えます。

 

自分で自覚がなくても、体や心がストレスを感じていると自然と歯ぎしりをしたり食いしばりをしてしまうこともあるのだそう。

 

また、嚙み合わせが悪い場合も歯が傷つきやすく負担を感じやすくなっています。

 

健康な口内が維持できている人でも知覚過敏になるのは、研磨剤が多い歯磨き粉を使っていることによる影響もあると言われています。

 

力強くブラッシングすることでもエナメル質は必要以上に削れてしまうので、すぐに歯ブラシが開いてダメになってしまう人は磨き方も変える必要がありそうです。

 

 次のページでは、治し方・病院での治療法についてご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2



スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加PocketClip to Evernote




スポンサーリンク

コメントを残す