知覚過敏の原因はエナメル質が薄くなること?まずは歯磨き粉・歯ブラシを見直そう

dentist-1468619_1920

 

知覚過敏とは、虫歯など歯に問題のあるようなことが特にないにもかかわらず痛みや刺激を感じる症状のことを言います。

 

痛みや異変を感じると、虫歯や何らかの病気が考えられますが口内は健康なのに症状が出ることがあります。

 

酷い場合には、風が少し当たるだけでも症状が出る人も居る等様々な場面で苦痛を伴うことがあります。

 

より快適な日常生活にするためにも、まずは原因を知って対処していきたいですね。

 

そこで今回は、知覚過敏の主な症状と発症の原因、治し方などについてご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

知覚過敏の主な症状とは?

 

headache-1557860_1280

 

知覚過敏とは、感覚が敏感になり過ぎてちょっとした刺激も痛みに感じたりしみるなどといった症状が出ることです。

 

冷たい物、酸っぱいものなどを口にした時にズキッときたり、キーンと伸びるような痛みが起こるのが特徴ですが進行すると温かいものでも起こるようになります。

 

深く響くような痛みではないですが、食べたり飲んだりする時にいちいち刺激を感じたらそれはそれでストレスになってしまいます。

 

痛み自体は一時的なものであるため、短時間で自然と治まることが多くずっと長く続くようなことはないと言われています。

 

一般的には、前歯や奥歯などで症状が出やすいと考えられていますが人によっては全体的に症状が出ることも多いようです。

 

飲み食いした時や風が当たった時など何らかの動作を起こした時に症状が出るので、何もしていないのに急に痛みが出るということは少ないようです。

 

次のページでは、主な発症の原因についてご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3



スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加



スポンサーリンク

コメントを残す