知覚過敏の原因はエナメル質が薄くなる事!歯磨き粉・歯ブラシを見直そう

治し方・病院での治療

sweets-1571588_1920

症状が比較的軽い場合は、自分でも出来る対処法があるので病院で治療を受けなくても症状が改善されることがあります💡

 

優しく歯磨きをするようにし、歯の食いしばりに注意しながら知覚過敏用の歯磨き粉を使うと症状が改善されやすいです。

 

また、キシリトールガムを噛むと唾液が出やすく、キシリトールにはカルシウムやリンなどが含まれているので◎

なので、知覚過敏の症状をカバーすることが出来ると言われています。

スポンサーリンク

症状が酷い場合には、歯科での治療が必要で外用薬を使ったりレーザーでの治療、土台がかなり弱っている場合にはプラスチックの詰め物を施すのが一般的です。

 

歯の食いしばり、歯ぎしりなどの癖が治らない場合はマウスピースを使う治療法もあります。

 

自分でなかなか改善できそうにない場合は、歯科で気軽に相談して治療法を検討したいですね‼

 

まとめ

 

知覚過敏の主な症状と原因、治し方などについてご紹介しました。

歯の痛みやしみる感覚は、知覚過敏だと思われやすいですが実は虫歯や歯周病などのその他の病気であることもあるので独断は危険です💦

 

歯科医の診断がなければ、何が原因であるかもわからないので…気になる症状があれば早い段階で歯科を受診するようにしましょう。

 

症状が出たら歯ブラシや歯磨き粉なども今一度見直して、歯に優しいものを選んで磨き方も出来るだけ改善したいですね。

以上、参考になれば幸いです✨



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3

スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加Pocket

コメントを残す