お盆のお供え物にのしは必要?種類は?相場はどれくらいが目安?

 

bon

 

お盆とは、先祖供養のために魂を迎え入れてまた送り出すという年間行事の一つです。

 

そんなお盆には、お供え物として一般的に菓子折りや「盆菓子」と呼ばれる砂糖菓子(主に落雁)を用意します。

 

落雁(らくがん)は、ピンクや黄色、緑など色とりどりの砂糖菓子で蓮の花やフルーツなどの形をしたものが多いですね。

 

毎年決まったものを供えしても良いですが、場合によってお供え物を使い分けることも必要です。

 

生前故人が好んでいた物、飾るのに困らないもの、など色々ありますが砂糖菓子以外にはどんなものが選ばれやすいんでしょうか。

 

そこで今回は、そんなお盆のお供え物のお菓子以外のものと相場、のしの種類や書き方などについてご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

お盆のお供え物でお菓子以外のものとは?

 

cemetery-289020_1920

 

お盆には仏壇に供えるお菓子として、盆菓子である砂糖菓子を始め菓子折りを用意するのが一般的です。

 

落雁は特に代表的ですが、下げる時に処分する人も居ればそのまま何か料理に使う人も居ます。

 

さすがにそのまま食べても美味しいものではないですし、ただの砂糖の塊に変わりはないので崩しながら少しずつ使う人が多いようです。

 

まとまったものよりも、やはり一つ一つ小分けになったものやいくつかまとめて小袋になったものなどが消費しやすいので便利ですね。

 

食べられる状態でお供えするのが基本ですが、毎年お菓子だけでは飽きることもありますし人によっては処分に困ることもあります。

 

お菓子以外であれば、「桃や梨、すいか、ブドウなどの果物類」や「そうめんなどの乾麺」、「海苔や昆布などの海藻類」、「お線香」などがあります。

 

物にする場合は、なるべく生前故人が好んでいたものなどを中心になるべく消費期限が長い日持ちのするものを選ぶようにすると良いですね。

 

食べ物やお線香以外であれば、あとは現金を贈るというのが一般的です。

 

次のページでは、お供え物に必要な金額・相場についてご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3



スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加PocketClip to Evernote




スポンサーリンク


コメントを残す