アミノ酸シャンプーの成分は何がある?かゆみが出る時の対処法は?

sham

 ドラッグストアに行くとシャンプーの品数や種類の豊富さにびっくりしますが、目的や悩み別にそれぞれのシャンプーがあり効果も様々。

 

あまりにも多いので、

・成分

・洗い上がり

・髪への作用

・香りなど…

何を取ればよいのかわからないこともあります。

 

そんなシャンプーの中にアミノ酸シャンプーがありますが、一般的に「低刺激性で肌や髪に優しい」と言われています。

 

一度使うとやめられないというリピーターも多いアミノ酸シャンプーは私自身好きで使っているもの。

 

今回は、

・主な成分

・選び方

・痒みが出る時の対処法

などについてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

アミノ酸シャンプーの主な成分

 

人間の体は大部分を占める水分の他に一部タンパク質で出来ていますが、そのタンパク質はアミノ酸から出来ていますね。

 

アミノ酸シャンプーというのは、髪や頭皮の汚れを落として清潔に保つ洗浄成分としてアミノ酸が使われているシャンプー。

 

一般的には、洗浄成分に界面活性剤と呼ばれるものが含まれているのですが洗浄作用が強すぎて必要な皮脂まで落としてしまうことから頭皮や髪が乾燥することが…

 

それに比べ、アミノ酸シャンプーはマイルドな洗い心地で必要な皮脂は地肌に残しておくため素肌に優しいと言われています。

 

主な成分は、以下の通り。

「グリシン」

ーココイルグリシンNa、K、TEA

アミノ酸系成分では、洗浄力が高めで洗い上がりがスッキリ。
髪はきしみを感じますが、地肌はさっぱりします。

 

「グルタミン酸」

ーココイルグルタミン酸Na、2Na、TEA

ーラウロイルグルタミン酸Na、ラウロイルグルタミン2Na、TEA

洗浄力が低めな分、マイルドな洗い心地。
洗った後は髪はしっとりとします。

 

「イセチオン酸」

ーイセチオン酸Na

ーココイルイセチオン酸Na

天然由来の洗浄成分。
低刺激なので肌への安全性が高く、必要な皮脂は残すソフトな洗い心地。

 

「サルコシン」

ーココイルサルコシンNa、K、TEA

ーラウロイルサルコシンNa、K、TEA

ーミリストイルサルコシンNa

アミノ酸成分の中でも、刺激はやや強め。
その分洗浄力も高く、しっかり洗えるタイプ。

 

「メチルタウリン」

ーココイルメチルタウリンNa

ーラウロイルメチルタウリンNa

ーミリストイルメチルタウリンNa

ーステアロイルメチルタウリンNa

泡切れが良いのでサッパリ。
ボリュームは少なく、細かい泡ですが程よく皮脂も落とせます。

 

「メチルアラニン」

ーココイルメチルアラニンNa、TEA

ーラウロイルメチルアラニンNa、TEA

泡立ち、洗い心地、洗浄力どれをとってもちょうど良いバランス感に優れています。

 

「加水コラーゲン」

ーココイル加水分解コラーゲンNa、K、TEA

髪はしなやかになり、しっとり。
髪のダメージ防止、肌荒れ防止作用も。

 

「アスパラギン酸」

ーアスパラギン酸Na

ーラウロイルアスパラギン酸Na

程よい洗浄力と泡立ち。
優しい洗い心地ですが、洗った後はスッキリします。

 

これらを含むのがハーブガーデンシャンプー。

100%天然由来成分なので、頭皮にも髪にも優しいおすすめシャンプーです💛

>>>【半額モニター募集中】100%天然成分のアミノ酸シャンプー

 

次のページでは、アミノ酸シャンプーに向いている人、向いていない人についてご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3

スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加PocketClip to Evernote


スポンサーリンク

コメントを残す