アホウドリの鳴き声は「アホウ」じゃない?名前の由来や東京都の生息地とは?

 

albatros-556567_1280

 

日本の特別天然記念物であり、絶滅危惧種にも指定されているアホウドリは英語ではAlbatross(アルバトロス)と言います。

 

漢字にすると、信天翁という格好良い名前もありますが一般的には阿呆鳥と言われます。

 

そんなアホウドリは、阿呆だからアホウドリ、アホウと鳴くからアホウドリと呼ぶと言われたりしますが実際は違うようです。

 

そこで今回は、アホウドリの由来や東京都の生息地、意外な鳴き声などについてまとめています。

スポンサーリンク

東京都での生息地はこんなところ

 

アホウドリは絶滅危惧種なので、どこでも見られるというわけではなく場所は限られています。

 

中でも、東京都は伊豆諸島にある無人島の一つ、鳥島(とりしま)が主な生息地となっています。

 

夏はアラスカなどに生息しますが、秋頃の卵を生む時期になると日本に来て巣作りや子育てを行うそう。

 

鳥島はアホウドリを始めとする海鳥の生息地として有名な場所で、鳥達が群れで飛び立つと島全体が飛び出て見えるような風景と言われるほど多くの海鳥が見られる場所です。

 

他には、同じく東京都の小笠原諸島などにも生息してると言われています。

 

アホウドリは羽毛や食用の為に乱獲されていた時期があったことと、少ない子供の分大切に育てていく傾向にあるので数が伸びず現在も絶滅が危ぶまれているのだそう。

 

鳥が卵を生むイメージとしては、一度に5個も6個も何個も生むイメージがありますがアホウドリは一度に1個しか生みません。

 

その分、大事に子育てしていくのでどうしても他の鳥よりも数が増えにくいようです。

 

次のページでは、アホウドリの名前の由来についてご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3



スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加PocketClip to Evernote




スポンサーリンク

コメントを残す