レンジで温めるとゆで卵が爆発する原理!温め方・アルミホイルで作る方法

破裂させずにゆで卵を温める方法

kitchen-930781_1920

ゆで卵を温める時に電子レンジを使えば、水蒸気が行き場を失うことで破裂してしまうのなら…

水蒸気の通り道を作ってあげることで破裂しにくくなります💡

 

ゆで卵の場合は半分に切るか、そのまま切らずに温めたい時は竹串を使って真ん中に穴を開けて貫通させることです(‘ω’)ノ

 

そうすることで黄身の水蒸気が外に上手く逃げれば破裂しませんが、もし白身に水分が含まれているとこれはこれでまた破裂する可能性があります💔

スポンサーリンク

また、黄身の内部を100度以下に保つことでも破裂は防げるので温め過ぎないことも大切

 

ワット数を出来るだけ低くして、最初から1分レンジにかけるのではなく10秒から20秒ずつ様子を見ながらこまめに加熱して温めることです。

 

イカやタコ、ソーセージなどもそのままの状態ではなくなるべく水蒸気を上手く逃がせるように切り身を入れてから温めるようにします。

 

ゆで卵を電子レジンで温めたいけれど…ちょっと神経使うなぁ💧

という時は、いっそのこと電子レンジを使ってゆで卵を作ってしまったほうが良いかもしれません。

 

最後のページでは、アルミホイルを使ってゆで卵を作る方法についてご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3

スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加Pocket



コメントを残す