目の下のたるみの原因は筋肉の衰え・乾燥?解消エクササイズと治療法

自宅で出来る対策

wellness-285584_1920

自宅で出来る対策は、保湿を心がけて眼輪筋を鍛えることが効果的であると言われています💡

 

眼輪筋というのは、目の周りを囲むように一周して広がる筋肉のことで普段あまり使う機会のない部分になります。

 

そのため、衰えるとまぶたがたるみやすくなり血行不良でクマが出来たり乾燥によってドライアイになる、目が小さく見える等の症状を引き起こすと考えられます。

眼輪筋を鍛えるには、ツボ押しをしながらマッサージをすることです。

 

眼輪筋を鍛えることで、目の不調を改善したるみを防ぎぱっちりとした目元にすることが出来るんですね。

スポンサーリンク

目をぎゅっとつむって数秒キープしてから、パッと大きく見開く動作を上下左右繰り返し、円を描くように一周させる動作を左右交互に行っていきます。

 

目尻の少し上を軽く押さえながら目を閉じたり見開いたり…といったストレッチ・トレーニングをするのもグッド(`・ω・´)b

 

また、保湿効果の高いセラミドや、コラーゲンの生成を促すビタミンC誘導体が含まれた化粧品を使うことでハリが出るようになりますよ。

関連:セラミド化粧品の効果とは?選び方と使い方は?

 

根本的に解消するには、美容外科で治療を受けるのも一つの手段になるでしょう。

 

最後のページでは、美容外科で受けられる主な治療法・根本的な解消法についてご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3

スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocket